カラス部隊

kanbara1983 55mm_16908b






通りすがりに覗いた古本市で「日本発見 ローカル線讃歌」なる1981年刊のムックをゲット。

国鉄線を中心とする全国のローカル線のルポルタージュから、津々浦々までレールが敷かれた背景、国鉄再建問題との関連まで網羅し、

昨今の焼き直しを繰り返したような鉄旅本より余程内容がある。

もっともこの頃既に国鉄ローカル線をことごとく廃止するための政治日程は着々と進んでいたのだが、

そんな懸念は誌面からは読み取れず、ギリギリまで現実感が乏しかった事も分かる。






kanbara1983 55mm_16910b





記事中目を引くのは北井一夫さんのルポルタージュ「カラス部隊は行く」。成田線沿線から都心に向う行商人の専用列車を追ったもの。

重さ50kgにも及ぶ荷物を背負うのは小柄な地元農家のおばあさん達。昔より減ったとはいえ700人の行商人が利用していたというから驚く。

荷物は必ず風呂敷に包むのが乗車の決まりだったそうで、何故か黒い風呂敷や服装が多く、

真っ黒なシャドウが多い写真は、北井さん独特な黒焼きか未明の撮影もあってタイトな露出故か分からないが、

まさに「闇夜のカラス」の異名そのままに写し止めている。




kanbara1983 55mm_16912b





行商といえば自家農産品の販売と誰もが思うが、お得意さんのニーズに合わせて商品にバリエーションを持たせるべく、

ヨモギ餅のような田舎風お菓子や生肉まで扱っていたそうで、そのための卸商まで夜明けの駅前に詰めていたという。

背中ひとつの立派なマーケティングが存在していた訳だ。

それにしても山手線経由でようやく朝を迎えた都心の雑踏に消えていく農村女性の逞しさよ。

全国各地に息づいていた行商の世界は、この国の民のごく素朴な勤勉さと共に、資本に頼らず自立した庶民のエネルギーに溢れている。





kanbara1983 55mm_16913b









昨夏の写真展に来場された雪国出身の女性。

故人になった母が毎朝最寄りの駅から大荷物を背負って行商に出ていた、これはその頃見た待合室そのままです、と。






kanbara_16837 55mm大蒲原行商の老婆 原版take1b


kanbara_16831 55mm 大蒲原ホームの行商老婆2 原版 take1b

   蒲原鉄道 大蒲原   1983年    





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/08/02 23:53 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)