さわやかイレブン

土讃線阿波池田2016年10月_11114b

   土讃線  阿波池田    2016年







四国鉄道の要衝、阿波池田には夜も更けた頃に着いた。今時良く残ったと呆れるほどの本格的駅前商人宿に投宿。

全盛期と比べれば見る影もないのだろうが、まだまだ広い構内に所狭しと車両が駐泊する様は、腐っても鉄道の町である。

覆い隠せぬ衰退の翳にも関わらず、路地裏に赤い灯青い灯がそこかしこに灯るのは、やはりぽっぽや相手の商売の名残りか。






土讃線阿波池田2016年10月_11116b

   待合室に掲げられたかつての阿波池田駅








空を覆っていたであろう機関車の煙も消え、いつしか忘れ去られる運命にあったこの山間の町に

一躍全国の注目をもたらしたのは、あの「徳島県立池田高校」である。

部員数僅か11人の野球部を率いる、後に名将と謳われる蔦文也監督は当時普及し始めたばかりの金属バットに着眼、

「腕力さえあれば多少芯を外しても飛ぶ」という特性を見抜いて、細かいプレーよりもひたすら打ちまくるチームを目指し徹底的に筋力を鍛え上げる。

バッティング練習の乾いた金属音が学校の背後の山に木霊することから、誰が呼んだか「やまびこ打線」。

1974年、甲子園出場を掴むや11人のチームは並みいる強豪校を猛打で次々撃破、遂に決勝戦まで進出する。

最後に敗れたとはいえ「さわやかイレブン」は全国に感動を呼び、このささやかな町の熱狂は想像に難くない。


野球が単純だった時代と言えばそれまでだ。

11人というのも本当はもっと大勢の部員が居たのだが、猛練習に耐えきれず残ったのが11人だったという事らしく。

でもそれは地元のごく普通の少年達だったのは事実だし、よそ者ではないおらが町の代表に心からの声援を送ること、

それは高校野球の原点であり、夢のある時代じゃなかったか。


池田高校はご多聞に漏れぬ過疎や少子化の逆風を受けつつも、周辺校の統合も重ねて今も生き残っている。

(最近でも2014年に甲子園出場を果たしている。)

実はこの学校、駅のすぐ近くにある。明日の朝食を仕入れにコンビニに行くついでに見にいく。

周辺はさすがに真っ暗で校門位しか判別できなかったが、吉野川を挟んで「やまびこ」を返した山々は、黒々とした翳になってそこに在った。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/08/10 20:06 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(8)