歌志内静夜

歌市内線歌志内の夜 55mmF35_11993take1b

    歌志内線 歌志内   1988年







産炭華やかりし頃、セキの群れが埋めていたであろう広大なヤードも、今は闇と静寂に沈むばかりである。

いにしえの活況を見てみたかった気持ちはあれど、時代のエンドマークは瞬く間に消えてしまうものでもあるから、

その刹那に立ち会う事も意味はあったかもしれないと思うのだ。

利尻乗車の時間潰しに往復、ワンカット限りの歌志内駅。夜の冷気が足許からゆっくり這い登った。

この3ヶ月後、雪解けと共にサヨナラ列車が出る。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト