江の川紀行 その2   三江線

sankou201710_22151宇都井take1b

   三江線 宇都井   2017年10月







江の川の全長194km、それに寄り添うように走る三江線は、広島最北部の三次から島根との県境を越え、

日本海を臨む江津まで全長108km、大河にも引けをとらぬ長大ローカル線である。

もともと江の川を使った水運がダム建設により阻害される事を踏まえての補償措置という性格から始まったらしいが、

1930年代より三次、江津双方から建設が進められ、1963年にそれぞれ三江南線、北線として一旦完成したものの、

中央部の口羽~浜原間の完成により全通するのは1975年まで待つ事になる。

同時期に全通した四国の予土線と並ぶ、「歴史上最後に作られたローカル線」である。

既に国鉄財政は末期的な惨状を呈し、運ぶ人も貨物も乏しいローカル線の未来は全く展望出来ないにも関わらず、

最新土木技術が注がれて黙々と建設が進められた鉄路。

昔のようで案外最近でもある時代だけに、風太郎でさえよく存じ上げている政治家の名前も見え隠れする、

我田引鉄ローカル線の最後も飾ったという事だろう。







sankou201710_22112乙原take1b

   乙原






沿線道路の未整備を理由に1980年代の廃止ラッシュも生き延びた三江線だったが、通過人員はこの30年間で10分の1となり、

2018年3月末をもって廃止の運命にある。路線長100kmを超える路線の廃止は、JR化後本州では初めての事である。


雨雲は低く垂れ、谷を流れる。2本のレールは森閑とした県境に伸びる。

密やかに進んでゆくのは、三江線最後の秋。






sankou201710_21553石見都賀take1b

   石見都賀







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2017/10/31 20:07 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(10)