よいお年を

tadami201701_12940take1b.jpg

   只見線 早戸   2017年1月





夜明けは遠い。それでも始発列車は凍える小駅をひっそり後にする。

まだ此処に、レールは生きている。




今年最後の更新になります。

一年にわたりご訪問頂いた方、なおかつ温かい励ましも頂いた方、この場をお借りして感謝申し上げます。


今年は撮ったなー、というのが正直な感慨です。西に東に気が付けば年明け以来1万カット近くは切ったかも。

最北に細々と伸びた瀕死の鉄路、力尽きて遂に歴史を閉じる鉄路、そして「復活」という奇跡に向けて動き出した鉄路。

その在り様を憑かれたように追い続けたのは、忍び寄る「終焉」の影に知らず急き立てられていたのかもしれません。


ローカル線という愛しくて矛盾に満ちたもの。

しかしそれとそれを包むものが紡ぐ切なく美しい抒情は、ある種の麻薬の如く酔わせてくれます。

酔いどれの旅に、終わりが無い事も祈りつつ。


また来年。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/12/30 12:03 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(16)