私をスキーに

ueno20171229_24604take1b2.jpg

   




正月休みのグダグタに書き散らすお屠蘇ネタ。 暇を持て余した方だけで結構です。



JR東日本各駅に貼り出されたポスターを見てうわぁっと思うのはもう、オヤジオバハンばかりなりと思うのだが。

スキー人口の先細りに一時期は止めていたというJRのスキーキャンペーンだが、最近復活、

それでブレイクした本田翼とか若手女優の起用が続いていたのに突然のコレである。

1987年公開、原田知世主演の映画は今年で公開30周年の節目なんだそうだが、

それじゃあ現在のスキー人口の大部分は映画をリアルに知らない事になるな。


1980年代の風太郎といえば、昔の写真の通り冬ともなれば常に日本の片隅の線路際に在った訳で、

「夏はテニス、冬はスキー」が定番の軟弱大学サークルなんぞにはとんと縁が無く、スキーのスの字も知らなかったのだが、

その後就職して否応なしに「社会復帰」してみれば、周囲はそういう軟弱サークルでブイブイ言わせていた男女ばかり、

何でスキーやらないの?と問われれば「いやー、雪は雪でも。」と説明は極めて難しい訳で。 ( 撮り鉄など微塵の市民権も無かった時代だ )

あくまで抵抗していたのだが、その小意地をも打ち砕いて落城させたのがこの映画なのだ。


洋画全盛期、確か映画興業そのものはコケたはず。でも一躍脚光を浴びたのはその翌年あたりにテレビ放映されてからだと思う。

ビデオレンタルさえ一般的でなく、ブルーレイだのネット配信だのは何処の世界の話かという時代だから、テレビは一大ブームの媒介者になり得た訳だ。

スキーゲレンデに立てば男は誰でもカッコ良く、女は可愛らしくなれると素朴に信じ込まされる映画。

携帯電話は無いけど車載無線はある。この映画以降違法開局が相次いだそうな。

クルマはセリカGT4、無茶なドリフトの挙句、逆さまに転覆するのだがそれでもカッコ良かった。以降の4WDブームの火付け役でもある。

( 最初に協力を申し込んだ三菱自動車からは断わられたらしく、後でしまったと思ったんじゃないかな。パジェロじゃひっくり返らないとも思うが。 )

主題歌のユーミンは定番中の定番として長蛇の列のリフト乗り場に延々と響き渡り、夜布団に入ってもぐるぐるリフレインしていたものだ。

ストーリーのキーにもなっている「サロット」なるスキーブランド。そういう「記号」にからきし弱い時代だからこの映画が成立する。

ちなみに「サロット」は本当に商品化して売り出す計画があったそうだ。諸般の事情で実現しなかったようだが、これは絶対売れたと思うぞ。


「サロット」ならぬ「エレッセ」の小洒落たスキーウェアをしみじみ眺めて、風太郎も遂にここまで堕落したかと思いつつも、

志賀高原の焼額山、まさにロケ地そのもので、「これから万座に向います!」「馬鹿野郎!」とかのネタで映画を知らないごく少数者を憐れみつつ、

男女混合「トレイン走行」( もちろんブリザード、ブリザード、の歌付きだ ) でハジければ、

本当のトレイン、ローカル線の撮影なんてもういいやあ、とあっさり引退したのが風太郎のバブルでもあったろう。


駅のポスターに戻る。

この映画の公開当時、東北・上越各新幹線はとうの昔に開業していたのだが、劇中ではキレイに無視されている。

だいたい列車の網棚なんぞに担いできたスキー板をどっかり乗っけてなどという辺りからしてダサかったのだ。

JRは仇をとるつもりか、ポスターはこれでもかと新幹線を繰り出したのだが、駅員のマイクは車載無線のパロディと思われ笑える。

でも右側のグラサン外しバージョンは目が寄り過ぎだし全然似て無くて良くないねえ。

当時ミラーのグラサンは「誰でもいいオンナに見える」アイテムとして最強だったのだが、外した時のはああ?!を思い出したぜ。

でも割と最近まで「吉田羊」が原田知世だと思っていた位だからこれ以上突っ込むのは止めておこう。


なぜいまさらにこのバブリー映画なのか。さすがに昔懐かしリアル世代をスキー需要の主役とするのは無理があろうし。

主役を張りそうな世代に少なくともこの映画を知らしめて、ヨシ俺もと腰を上げさせるのか。

それとも繰り返しというか、何処か時代の空気感が当時と似て来ているからか。

いやそれは大分違うだろーという例証はいくつも挙げられようが、ひょっとしたら個別指向に疲れたというか、

誰もがひとつの文化に踊り、同じ方向を向く事がむしろ気楽という空気がカウンターとして浸潤しつつあると見たのか。

そのあたりの意図はいまいち不明な「スキツレ」であるが、思えば「1987年」は国鉄解体の年でもある。

それから間もなく昭和が終わり、平成すら終わろうという今、いつの間にか手が届かぬ程遠くなった日々が此処にある。





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/01/02 19:21 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)