大雪の日

kanbara_16820 55mm 大蒲原ホームの行商老婆1 原版 take1b

   蒲原鉄道 大蒲原   1983年








日本海を渡った雪雲が豪雪に変わるのは越後平野の最深部、蒲原の里である。

白い闇から現れ消えていく単行電車はそれでも変わらぬ日常を乗せている。

それは長い冬にあってごく当たり前に過ぎてゆく、沈黙の一日。









蒲原鉄道 大蒲原駅ホームの祖母孫 1983年2月 16bitAdobeRGB原版 take1b2


kanbara55mm_17147大蒲原ホーム 原版 take1b


kanbara55mm_17142 大蒲原大雪1 原版 take1b2


55mmkanbara_17549大蒲原駅前 老婆と孫1 take1 tiffb




( 明日からロケに出ますので来週半ばまでお返事等出来ません。 )






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/01/12 20:15 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(4)