五能追想  その2    光る海 

gono201801_25896take1b.jpg

  五能線 岩館   2018年1月







昼間の客レ、1730と1735列車は13時前後に岩館で交換したから、

この貴重な2本を岩館の鉄橋で待つならレンズの画角位しか変化の付けようが無かった。

でもちょうど真向いに太陽が来たから、晴れた日は雲が落とす影と共に海は様々な光と翳の演出をしてくれたのだった。


今、岩館折り返しの区間列車はやはり13時台に間髪入れずに通過する。

おもむろなレンズ交換は変わらない。

昼下がりの海原もまた、あの時のままに揺れて、煌めく。








五能線 岩館鉄橋2 1982年11月 16bitAdobeRGB 原版 take1b

   五能線 岩館   1982年






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/01/24 21:00 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(6)