アオハルかよ。 その11    春は短し

oigawa2018_27653take1b.jpg

   大井川鐡道 家山   2018年4月









往きに朝の光に送られ、帰りにひとつ灯った明かりに迎えられる。

それは退屈な繰り返しでもあり、駅はいつものようにそこに在るばかり。

もっと別のところで日々はきっと心が追いつかない程変化に満ちていて、

立ち止まって後ろを振り返る事さえ許してくれないのだろうけれど。

春の盛りは短し。足早に移ろう季節。


いつの日か。

その繰り返しこそが故郷のかたちだったと、ふと気付きはしないだろうか。



( アオハルかよ。  おわり )










oigawa2018_27878take2b2.jpg

   家山






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2018/04/29 19:01 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)