アオハルかよ。 その10    散りてなお

oigawa2018_28093take1b.jpg

   大井川鐡道 駿河徳山   2018年4月









その散り際を破滅と捉えて忌む事もあれば、潔しとの讃えもあり。

古来桜花に託された死生観。

咲いて次の命を育て散ってゆく事、そこにそれ以上の意味がありや。

散りてなお。

去りゆく電車が揺らす風に、最後の名残りと舞う。











oigawa2018_27764take1b.jpg

   田野口






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/04/27 19:34 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)