ミンガラーバ!  その14   マダヤ線①

myanmar201807_30578_00001take1_00001.jpg





機関車がやって来た。 ヒトとモノの海を泳ぐように。





800px-Railway_map_of_Myanmar中央部マダヤ線




マンダレイから約20km北方、郊外のマダヤまで伸びる「マダヤ線」の途中、

「タイヤーゼ」は結構有名になったダニンゴンに勝るとも劣らぬ線路市場のカオスを楽しめる。




myanmar201807_30634_00001b.jpg


myanmar201807_30515_00001.jpg




これは生きてる線路である。 長さにして100m、幅にして20m位、問答無用の商いの場。

肉や魚介類まであるところはダニンゴンより面白い。 ハエがたかっているのは見ないことにする。

海から遠く離れた内陸にあるマンダレイでシーフードは貴重品、町のレストランでも目玉が飛び出す程高いのだが、

もちろんここで売っているのは川魚で、ビルマの母なる川とも言えるイワラジでの朝獲れだろう。 地産地消は当たり前の事だ。

しかし切り身でさえその大きさに驚く。さすがは大河の恵みである。 魚の種類は不案内なので分かる人は教えて欲しい。

平均世帯人員が6人という、大家族が当たり前のミャンマーでは、胃袋を満たすに食材も豪快であるらしく。




myanmar201807_30544_00001.jpg



このタイヤーゼ駅は不思議な配線で、いわば引込線状になっている。マンダレイからの列車が突っ込んだ先が行き止まりになっており、

そこから引上線を使って機関車を前に付け替え、マダヤへと向かう。

朝の列車は到着が6時半過ぎで7時15分に発車する。

緑に囲まれて佇む、好ましい駅である。




myanmar201807_30559_00001b.jpg




切り離された機関車がやってくれば、あっという間に道が開くのはなかなか見物である。

案外野良犬の方がのんびり構えていて、あぁと周囲から声が上がる。




myanmar201807_30521_00001take1 タイヤーゼ_00001


myanmar201807_30574_00001b2.jpg



切羽詰まっているのか、宿題もやる。  後ろで大木さんも奮闘中。



myanmar201807_30532_00001.jpg


腹が減ってはと朝食も始まる。 逞しきミャンマー女性たち。





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2018/08/31 21:08 ] 海外写真 | TB(0) | CM(6)