レイルの春来たり その11  花明かり

kominato isumi_00933take1b3

  いすみ鉄道 西畑  2019年4月








昨今桜の名所と言えばライトアップは珍しくなく、その前には昼間から場所取りの三脚が乱立するのも定番になった。

まばゆい光に演出されたそれは都会のネオンもかくやの鮮やかさで、それが絵になるというならまあ良かろう。

しかし古来「花明かり」の言葉もあるように、満開の桜は暮れていよいよ妖しく、辺りを仄かに照らすのだ。

それを見上げて心震わせたろう日本人の繊細なDNAと呼び合うべく、誰もいない線路際に立つ。





( レイルの春来たり  おわり )







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/05/01 20:02 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)