沈殿

watarase20150427_965take3b.jpg

  わたらせ渓谷鐡道 通洞  2015年










いまだ水に溶けて染み出す鉱毒を分離・沈殿させるシックナーは、時代の記憶も共に沈めている。

春のまどろみを覚ますのは、さざ波立てる風と鉄輪の響き。











HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/05/03 20:26 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)