ごはん食べた?

myanmar201807_30532_00001.jpg

  線路は素敵なダイニング。 (ミャンマー国鉄 マダヤ線 2018年)






とんと分からぬミャンマー語にあって「HELLO !」も「MAY I TAKE PHOTO ?」も、

「ミンガラーバ!(こんにちは)」の一言で済むというか、押し通すばかりだけれど、

ミャンマー社会の特徴として実は挨拶言葉というものが存在しないのだそうな。

互いに無言でニッコリ微笑めばそれで挨拶代わりになるらしく。

それでも敢えてという事であれば、「ごはん食べた?」( タミン サ―ピービーラー? )と言うのがよりフツーらしい。







myanmar201807_30661_00001マンダレーtake1b

  北に向かう急行の食堂車。 (マンダレイ)






今日もちゃんとごはんが食べられたかい、という挨拶はどこか生々しい食への執着も滲ませるけれど、

市場に溢れる食材や人々のメタボ体型を見ればまあ、少なくとも食べる事にはあまり困っていない幸せも感じるところだ。

雨季のミャンマーはちょうど様々な作物の収穫期に当たり、市場の彩りも一番華やかになる季節だという。






myanmar201807_30568take1b.jpg

  イワラジ川の朝獲れだよ。新鮮だよ。 (マダヤ線)



myanmar201807_30571take1b.jpg

  今日のごちそうはコレで決まりだ。安くしとくよ。 (マダヤ線)








「食」は命を繋ぐものであると同時に、繰り返す日常そのものでもあるから、

その周辺にはよそ行きに飾る事の無い、その国の素顔が見える気がする。


今度行ったら「 タミン サ―ピービーラー? 」と声を掛けてみようか。

いやいやこの変な外人、ピーピー何言ってるか分かんねえよと顔が?マークで埋まりそうだから、

やっぱりニッコリと「 ミンガラーバ! 」の方が無難かなあ。








myanmar201807_31003_00001_01ラーショー線take1b

  夜明けのお経が静かに流れるホームにて。 (ラーショー線)






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/06/12 19:51 ] 海外写真 | TB(0) | CM(10)