鳥の眼 宇宙の眼

SN00003b.jpg





まるでナスカの地上絵のようだが、これはミャンマーはラーショー線の雄大なスイッチバックとオメガループである。

ビルマ平原のどん詰まりに屹立する山の斜面を2段のスイッチバックで這い登り、

その山の背後に回って更にスイッチバックと勾配緩和曲線が連続する。

その様が手に取るように分かるが、この全貌は車窓からはなかなか窺えない。線路際の木立が深過ぎるのだ。

黄色の丸の位置に信号場がある。 これはそこで撮った写真に記録されたGPSログを航空写真にプロットしたもの。







myanmar201807_31020b.jpg


myanmar201807_31026b.jpg




スイッチバックの途中にあるその信号場に到着する。

全く人気の無い山中に見えて、下の拡大写真で分かる通り数軒の建物がある。

これは鉄道員の官舎だろう。それ以外にこの山中に住む理由があろうか。

一日わずか一往復の列車をおかみさん達が出迎え、子どもたちが学校へと乗り込み、様々な生活物資が降ろされる。

信号場の右側に細々とした道があってこれは麓の町まで続いているようだが、普段あまり用をなしているようにも見えない。

信号はともかく、ポイントの遠隔操作はしていないようだ。信号場から遠く離れたポイント脇に独り立つ転轍手を見た。

外界から隔絶された鉄道員とその家族の暮らしのありようを想う。





SN00004b.jpg


myanmar201807_31027_00001b2.jpg


myanmar201807_31024take1b.jpg





もともとズボラな風太郎は撮影地点を記録するのが面倒臭く、後で困る事が相次いだのでその解決策としてGPSを導入したのだが、

国内ならともかく海外の見知らぬ土地での撮影位置を宇宙からの電波で精密に特定し、

鳥の眼で俯瞰出来るというのは実に興味深く、こんな場所で撮ってたかと感心してしまう。

そしてこれ程面白いGPSなのにカメラが高級になるほど冷遇されているのは解せないところだ。

もともとニコンの別売り純正品を付けていたのだが、接続コードがうざい上に傷みが出ており、新品に更新しようとしたら製造終了との事。

スマホのGPSとリンクさせて云々なんて代替案は、そんな面倒臭くて不確かな方法でやってられっかての。

困った挙句、Aokatecなる中国製のロガーを海外通販で取り寄せれば使える、

しかもカメラのソケットに直接装着できるので実にコンパクトと聞いて。





gps_00001b.jpg






送料込みでUS50ドル位だったと思う。 純正の半額以下だ。

前面のピカピカ光るLEDは変に目立つのでビニールテープで封をしてある。

テープが脇まで回っているのはそこにあるレリーズコード用のソケットの防水を兼ねているからで、三脚派もご心配なく。

今のところ快調に動作してるし位置情報も10m以下の誤差しか無いから充分使える。

撮ってきた写真を上から眺めてニヤニヤ反芻するのもなかなか一興である。

また街中の安くてイケてる飲み屋にもう一度行ってみたいと思っても、方向音痴に加え相手が外国では絶望的だったりするが、

GPSログはピンポイントで連れて行ってくれる。 また中生60円のビールが飲めるぞ。






SN00002b.jpg


myanmar201807_31243take1b.jpg




列車は進んでまた呆れるようなオメガループの先にあるのは、高さ100mを超えるゴッテイ大鉄橋だ。

その袂にある金色のお寺は、お立ち台にするために開山された訳でもあるまいが。





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2019/07/19 19:43 ] 写真道具 | TB(0) | CM(8)