ミャンマー ・ レイルサイドストーリー  その20   ミャンマー余聞 ②

_DSC8164_00001.jpg

  ミャンマー国鉄 マダヤ線  2019年8月



①タナカ


ミャンマー人が顔一面に塗り付けてる黄土色のものは何? というのは写真を見た人のほとんどから聞かれる。

これは「タナカ」という一種の化粧クリームで、肌を整えたり日焼け止めや防虫など、万能の効果があるそうだ。

昔の写真でも塗っているから昨日今日の流行りものでは無い事は確かだ。


柑橘系の「タナカの木」の樹皮を摺り下ろして手作りするのが一般的らしい。 下の写真が「タナカ屋」さん。

基本的に女性と子供が塗るが、イミグレーションの女性係員や空港カウンター嬢、TVキャスターなど公的な職業や華やか系の女性は塗っていない。

スマホも普及して否応なしに「美の世界標準」みたいなものが入る今、廃れ逝く風習かと寂しい気もするが、

チャーミングなお姉さんだったりすると残念感も強いから、まあ複雑なところだ。






_DSC8236_00001.jpg



_DSC7559take1b.jpg






_DSC7391_00001b.jpg




②スナップシューター


成り行き上買わされた帽子一杯のモンキーバナナと共に。


メイン機にしているD850はおよそ欠点の見つからないカメラだと思うが、

デカイ、重いは車移動ならともかく海外の歩き主体では寄る年波に堪えるのも事実。

今後の含みもあって「PEN」の本格実戦投入も今回から。


もとよりスナップシューターとして可能性を感じるカメラだし、ミラーレスならではの撮り方をいろいろ試す。


①モデルさんに正対して顎の前でカメラを構え、モニターをチラ見して構図・露出・ピント位置を確認したらそのままホールド。

②ファインダーは覗かず相手の表情だけ見ながら「ジオライパー!(笑って!)」とか、「ラパーリー!(美人だねえ!) 」とか、

 いい加減な事を言いつつノーファインダーでパシャパシャやる。


という具合。

ミラー一眼のファインダーはどうも「狙撃」みたいで、こちらの笑顔も見えた方が相手の表情も緩むというものだ。

結構うまくいったし、広角系の単焦点中心という事もあろうがレンズのキレには驚く。

何よりこの軽さにはついフラフラ行きそうだ。 うーん、悩むな。






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/09/30 20:06 ] 海外写真 | TB(0) | CM(4)