ミャンマー ・ レイルサイドストーリー  その24   もうひとつの線路市場 ④

_DSC6904_00001.jpg

  マダヤ線 オーボー   2019年8月




転轍手が振る緑旗の向こうになんか偉そうなのやって来た。





_DSC6906_00001.jpg





肩章がいかめしいので、すわ軍隊か、まずいぞとカメラを隠しかけたが、どうもただの鉄道員だったようだ。

でもこんなにキッチリ制服を着ている鉄道員は初めて見た。

偉い事には違いなそうだが、タウンピョンのお祭り大増発もあり、モーターカーで大名視察か。





_DSC7957オーボー_00001b


_DSC6855take1b.jpg



_DSC6956take1b.jpg





ミャンマーは野良犬天国である。

日本のペット犬たるや裏返すと電池BOXでも付いているのではというのが目立つが、野性味たっぷりの犬たちだ。

生類憐みのような宗教観もあるのか、いじめられる事はないが、手厚く可愛がられている訳でも無いから生きていくのも難儀な事だろう。

こうして見ると全く無防備な犬たちも、夜の帳が降りると本来の野生の血が騒ぐようだ。

暗い街角に群れて互いに吠えあっていたりすると結構ビビる。

彼らは狂犬病を媒介している可能性があり、万が一噛まれたりしたら一大事だからだ。

それでも陽が昇ればまた、ただのグデグデ犬に戻る。






_DSC6963take1b.jpg






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/10/28 19:20 ] 海外写真 | TB(0) | CM(2)