ミャンマー ・ レイルサイドストーリー  その40   雨のヤンゴン ③

_DSC8941take1b.jpg

  ヤンゴン環状線 Yangon   2019年8月






只見線からの40系気動車の駆逐がなんと来春というニュースには、不意を突かれた諸兄も多かろう。

消えゆく只見線の記憶は、遠くヤンゴンに生き続けるのだ。


背景にしてもスマホにしても、おいこれは何処の国だい、と思ってしまう。

女性の服装も足を見せないというミャンマー女性の嗜みは守るものの、伝統の腰巻=ロンジーはイケてないのだろうか。

ミャンマー最大の都市にあっては「近代化」「世界標準化」も先端を走っているのだろう。

それはまたこの国でも顕著になりつつあるかも知れぬ、「都市と地方の格差」の断片なのかもしれない。







_DSC8927_00001b.jpg



ヤンゴンのきゃりーぱみゅ・・・・ 世界標準化は進んでいます。

ドア開けっ放しで走ってなきゃ日本の郊外電車ですな。



_DSC8799ヤンゴン環状線take1b

 Tadagale



ミャンマー人は花が大好きだ。 雨季は様々な花に恵まれる季節でもある。

花束を抱えたトラディショナルな女性も、やっぱり都会的な洗練を感じる。




_DSC8826ヤンゴン環状線take1b2

  Kyaukyedwin


_DSC8793take1b.jpg



対向列車に佇む少年。 オレを撮れやとはしゃぐ少年。



_DSC9028_00001.jpg


_DSC9007take1b.jpg



こってり揚げ物は売れ筋だからホームでも調理しちゃうのだ。



_DSC8840ヤンゴン環状線take1b
  
  Kyaukyedwin



駅併設の赤ちょうちんかと思ったらノンアルコールだった。

ミャンマー風トレインカフェを味わってみては。




_DSC8886take1b.jpg

  Paywet seikkon



ミャンマー最後の夜が来た。 煙るヘッドライト。






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/11/29 21:05 ] 海外写真 | TB(0) | CM(2)