津軽風待ち紀行 その1  天気陰鬱ナレドモ波低シ

gono202001_00997take1b.jpg

  五能線 鯵ヶ沢  2020年1月








最近ミャンマー往復にANAを多用していることもあり、気が付けば貯まったマイルで比較的近い秋田までチャラで行けると知って。

五能線の40系気動車の置き換えが多分3月のダイヤ改正時とカウントダウンの間際にあって、

一形式に対する特別な思い入れは無いものの、安手の「JR型」がここにも跋扈する前に最後に行って来いというご託宣かと。


しかし記録的大暖冬である。

例年正月から1月前半位までは荒天の日が多いというイメージがあって一縷の望みをそこに繋いだのだが、

雪など沿線にほぼ一片も無いばかりか、海もベタ凪。

数日前から天気予報とにらめっこで、雪はともかくせめて波風位来てくれと願を掛けるばかりだ。


その昔。 上方から遠く蝦夷地の幸を目指し、日本海の荒波を越えて行き来した北前船。

風が無ければ帆は張らず、ひとたび荒れれば逆巻く波涛に飲み込まれる運命もあるなかで、

いよいよ津軽海峡に乗り出すにあたり、自然を読み天気を待つための「風待ち湊」として栄えた鰺ヶ沢、深浦。

長きにわたる写真撮りで慣れ親しんだ町々で、船頭よろしく風を待ってみようか。









gono202001_00849take1b2.jpg

  横磯




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/01/19 20:06 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(4)