雪に遊べや  その8   柿の木の家

tadami202002_00763大白川take1b

  只見線 大白川  2020年2月







かつては駅さえ設置されていた柿の木集落。

決してハードルは低くないはずの駅廃止に至ったのも、利用客が皆無という現実を認めざるを得なかったという事だろう。

集落の一番外れに立つこの家は、それでもこの土地に生きる意志を主張するようでいつも気に掛かっている。

例年なら二階まで埋まる程の雪が無い今年は、いくらかは過ごし易い冬なのだろうけれど。

「只見線の写真? いいとこかね、ここが。」 と笑った主人は元気か。








HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/03/05 20:03 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(6)