旅の重さ

tabinoomosa.jpg





毎年夏になると思いだす映画。

1972年公開だから風太郎はまだ子供で、高校生位になってからテレビで見たと思う。

じわっと沁みる映画だったので忘れずにいたらDVDが出た。 早速買ったら初めて見たあの頃に戻るような。

ポスターやコピーだけ見ると「にっかつロマンポルノ」風だが、至って真面目な映画である。


高校生の少女が家出して、一人で真夏の四国をヒッチハイクで旅する。

典型的なロードムービーなのだが、その途中で大人達のドロドロに翻弄されたり優しさに助けられたりしつつの、自分探しの旅。

女子高生が野良小屋で寝泊まりしつつヒッチハイクというのにリアリティがあるやというのはともかく、

目に沁みるのは山・川・海・田畑という全てを癒すような日本の田舎の美しさ、真夏の光、そしてとびきり自由な旅の解放感だ。

主人公と同年代の風太郎の脳天を直撃したのは、そういう旅に憧れ始めていたハートにまさにジャストミートだったからだろう。

鉄的には陽炎の向こうから181系の「特急しおかぜ」や58系の「急行うわじま」とかがタイトルバックから出て来て、おやと見入ってしまう。

鉄道は旅や地方の象徴として画面に入れたかったのだろうが、それが時代の象徴にもなるという事を製作者は気付いていただろうか。

もちろん時代の象徴は鉄道だけではない。旅芸人の一座とか、魚の行商人とか、少女の心の旅と絡みつつ、50年前の日本がそこに生きている。






01549b.jpg


01550b.jpg






主演は無名の新人、高橋洋子。 苗字も名前も平凡過ぎて印象に残らないが、その後NHK朝ドラの主役に抜擢されたり、

小説を書けば芥川賞も取り沙汰されたりという才媛であったらしい。

でも何といっても衝撃的だったのは作中でいきなりスッポンポンになる事だろう。

男性客向けのサービスショットなのか、当時の女優の禊のひとつだったか知らないが、

ストーリー上あまり必然性が無いところでちょっとだけ裸というのはこの時代の映画によくあった。

しかし彼女の場合ロケ時点で18歳未満だったのではという疑惑すらあり(実際には19歳)、

それも時代だがドッキリは何十年経っても変わらない。


旅に何かを学んだ、見つけたという映画なのだろうが、結局何を見つけたのかは曖昧模糊である。

魚の行商人の許に居ついてしまい、夫婦の真似事みたいな事を始めるラストも意味を問えばよく分からない。

でもその時点で意味など分からない事が青春の旅なのだろうと思う。

無理やり分かり易い答えを出さなかったところに、この映画が残し得た余韻があるような気がする。


そして何と言っても忘れちゃいけないのが、あまりにもハマった吉田拓郎が唄う主題歌「今日までそして明日から」だろう。

夜行列車の中、真夏の草いきれの中、風太郎の80年代の旅の途中、いつもフンフンと鼻を鳴らしていた歌である。










HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

©2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/07/09 21:28 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(4)