写真展メイキング ③  期間延長

_DSC3857b.jpg






オリンパスさんから開催期間延長の打診が来る。

東京・大阪共に1週間づつ開催の予定だったのだが、両方とも2週間に延長したいとの事。

東京・大阪併せて約1ヶ月のロングラン興行になる。

苦労して準備してる訳だし、それなりにカネも掛かっているし、延長してくれるならごっつあんでしかないから快諾するが、

風太郎も宮仕えであるから1ヶ月もいなかったら机が無くなってしまう。

基本的に土日+α位しか在廊しないと思うし、大阪に至っては前半戦の四連休位しかいないと思うが。

それにしても東京・大阪の超一等地、100㎡クラスのギャラリーを1ヶ月借り切ったら会場費だけで車が買えると思うから有難い事です。

皆様のご都合も付き易くなると思うので是非ご来場を。







_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b





案内ハガキ出来る。 期間延長に「もう印刷終わってますが・・・」のすったもんだもありましたが。

オリンパスさんが東京・大阪の主要ギャラリーやマスコミ向けに配布してくれる他に、もちろん自前の宣伝ハガキとしても。

4年前の「たまゆら」では200人近くの方に住所入りでご芳名を頂いたので、郵送費と宛名書きにめげない限りはご案内させていただきます。

しかし今どき切手貼って宛名書きなんてオールドメディア過ぎるよなあ、いやギャラリー写真展自体がオールドメディアなんだからお似合いかあ。

何にしてもハガキまで拝めば開催の実感も湧いて来るというもの。


写真はマダヤ線の三密糞喰らえな列車。

手前のファンキーなおばちゃんが雷のような貨車改造客車の走行音に負けじと叫ぶ、「日本人」とか「写真」とか片言の単語を拾えば、

「いいオトコの日本人が写真撮るってよ、お前ら美人に撮ってもらえや!」と言ってると勝手に想像している。

人間同士が肌触れ合う事に何のためらいも無い事。笑顔がマスクに隠れない事。

それが当たり前の幸せを、今だからこの一枚に訴えたつもり。

この生活習慣や衛生環境にも関わらず、ミャンマーはコロナ封じ込めに成功している国のひとつだろう。

混沌とした生活列車は、何事も無かったように今日も走り続けているに違いない。




写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


写真展の詳しい概要や営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド



(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/07/19 19:32 ] 写真展 | TB(0) | CM(8)