写真展メイキング ⑤  臨場感

_DSC3887b2.jpg






A0プリントは約120×90cmの大きさがあって、どうせスチレンボードだしと高を括っているとこれが結構ズシリと重い。

プリントにしてもパネル貼りにしても持ち歩きにしても特別な設備を持たない素人の手に負える限界点の大きさに思える。

それでも普段小さなモニターに閉じ込められたような写真ばかり見ている目にはやっばり別次元な印象がある。

人物のアップならほぼ原寸大だし、引いた写真でもまるでその現場に立っているような臨場感があって。

ギラつく南国の陽射し、沐浴する人が立てる水しぶきの輝き、線路を遊び場にする子供たちの歓声。

回廊のようなレイルサイドの光と音、濡れた土の匂いまで伝われば良いのだが。


SNSが天下を取ったような世の中にあって、写真は小さなスマホの画面に無造作にバラ撒かれ、見るそばから捨てられてゆく。

そんなに軽いもんじゃないだろというアンチテーゼが、いささか手前味噌ながらこの写真展に込めた想いでもあって、

このリアルな大きさはどうしても欲しい必然だった気がする。

それでも会場に持ち込んだら、ありゃこんなに小さかったっけと拍子抜けするのもしばしばだから、

ギャラリーの大空間というのもなかなか手強い相手。







_DSC3895b.jpg






日本に働きに来ているミャンマー人に紹介してくれる人もいるし、日本語が読めなくてもいいように英文のキャプションも用意した。

もっとも英語が怪しい風太郎の事、米大学MBA取得の知人に校正を依頼したら、

「こういうウエットな文章は英語にするの難しいっすよー。」という事らしいが、真っ赤に直されて来たから内容は大丈夫と思うが。

写真はシャッターの瞬間に勝負がついてしまうが、文章は書き直しが利く分ダラダラしてしまう。

それも腹が決まったから準備もいよいよ大詰めに掛かりつつある。










風太郎4年振りの個展です。今月28日から。

_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  木曜休館

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 

※ハガキでは営業時間が10~18時となっていますが、現在のところ11~18時に短縮営業中です。


なお、ギャラリートークならぬ「作品解説」を下記の日程で実施する事になりました。 写真に写らないよもやま話を語ろうと思っています。

(東京)  ①8月29日(土) 14~15時    ②9月5日(土) 14~15時

(大阪)  9月19日(土) 14~15時
      


恐縮ですがオリンパスのユーザークラブ「フォトパス」会員のみ、事前予約が必要な先着10名限定です。

但しユーザーではなくとも会費無料の「ゲスト会員」登録する事により予約出来ます。

一度風太郎のツラが見たいという方、お待ちしております。

「フォトパス」会員登録、「作品解説」の予約、写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/08/06 19:31 ] 写真展 | TB(0) | CM(3)