写真展メイキング ⑥  SETUP GAME

_DSC3915b.jpg






「写真の熱帯雨林」を目指す今回の写真展は写真だけで71枚、キャプション類も入れれば80枚を軽く超える展示になる。

額とかは使わず、スチレンボードに貼った断ち落とし写真を壁に直接虫ピンで打ち付ける形式を取る。


さて考える程心配になって来るのが「設営作業」である。

一枚が大きいのでそう簡単な作業ではない。 高さも床上40cmから最高220cmまで達する。 長さは壁面ほぼ隙間なく一杯に使って36m。

自分で言うのもなんだが著名作家の有料企画展でもない限り、こんな写真展は見た事が無い。

オリンパス手配によるプロ設営業者は入るのだが、仕事の中身を聞いた途端に卒倒するのではないかと思う。

東京が終わったら一旦剥がして大阪まで持っていくんだから、あまり荒っぽい作業も困るしというのもある。

こればかりはシュミレーションのしようが無いが、仮に1枚につき10分掛ると仮定すると。10分×80枚=800分=13時間超。

設営のスタートが15時過ぎ。 げええっ夜が明ける?


オリンパスさんには昨今の辛気臭い空気を払うよう、派手な展示をぶちかましましょうよぉと言っているのだが、阿鼻叫喚の現場も想像したくない。

1枚当たり5分なら400分、これでギリギリか。 理想を言えば1枚当たり3分で240分なら夕飯前に終わるか。

もちろん風太郎自身も槌を振るう事を前提に二手に分けて同時作業は当然だが、

多分鍵を握るのは「写真の位置決め作業時間をいかに短縮するか」だから、ミリ単位の図面はもとより、

碁盤の目のような展示プランを逆手に取って「位置決め治具」を各種開発し、直角・平行・間隔、機械的に位置が決まってゆく仕組みを。

そういうところは模型作りのノウハウが生きる場面で、人生の経験に無駄は無し。

それでもこの「SETUP GAME」、どういう結末を迎えるかは、その場になってみなきゃ分からない!







_DSC3912.jpg





BGM制作中。

写真展会場に変な音楽など不要と思っているが、「熱帯雨林」を更に暑苦しくするための効果音を。

線路市場の呼び込みの声や包丁を叩き付ける音、通過する車輪の軋みなどのガヤ音、

歌うように流れる僧侶の説教から安っぽい路上ゲリラライブ、少女僧の声を合わせた祈りなどをミキシングしている。

路地裏に流れる「お香」を会場に焚き込めろという意見はさすがに自重したが、この国の混沌を五感で味わっていただきたく。

それもまたバーチャルでは体験出来ない事だからね。


準備が長く続いてもういい加減飽き飽きして来たぜ、という頃本番が始まるのが写真展だったりするが、あと2週間。








風太郎4年振りの個展です。今月28日から。

_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  木曜休館

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 

※ハガキでは営業時間が10~18時となっていますが、現在のところ11~18時に短縮営業中です。


なお、ギャラリートークならぬ「作品解説」を下記の日程で実施する事になりました。 写真に写らないよもやま話を語ろうと思っています。

(東京)  ①8月29日(土) 14~15時    ②9月5日(土) 14~15時

(大阪)  9月19日(土) 14~15時
      


恐縮ですがオリンパスのユーザークラブ「フォトパス」会員のみ、事前予約が必要な先着10名限定です。

但しユーザーではなくとも会費無料の「ゲスト会員」登録する事により予約出来ます。

一度風太郎のツラが見たいという方、お待ちしております。

「フォトパス」会員登録、「作品解説」の予約、写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事

オリンパスHP 写真展ガイド




HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/08/12 20:05 ] 写真展 | TB(0) | CM(2)