写真展 「ミンガラーバ! ミャンマー・レイルサイドストーリー」   ファイナル

_DSC3894b2.jpg







「まあミャンマーのこういう生活風景みたいなの、あんまし撮ってる人いないでしょ、あははー。」と吹いていたら、

「いますよ。僕。」というその道の大御所の来臨とか、ブログ上では拝見していたものの、

ミャンマーの鉄道車両の実態を極めて正確な情報収集と研究で記録している方とお会いしてドッキリだ。

「日本から渡ったDD51」は居ません。日本製ですが似て非なるものでした。謹んで訂正します。


何はともあれ人との様々な出会いは写真展の醍醐味。

今回の開催を通じて多くの「アジア写真家」とお知り合いになれたしその作品を拝見するなら、

充分な時間を掛けて彼の国の民の日常に深く入り込み、丁寧に撮られ選び抜かれた写真はさすがと唸らされる。

2年前まで何の縁も無かった人間がたった2回、延べ2週間の撮影結果をこういう目立ちまくるかたちで発表した事自体が、

無謀というか蛮勇の極みだったか。

それでもまあ、風太郎の前後は「OM-Dで撮る~」というオリンパス企画展だったし、開催者の多くがいわゆるプロの看板を掲げる中で、

群れが嫌いな一匹狼の日曜カメラマンが徒手空拳、東京・大阪一ヶ月に及ぶ展示を打ち抜いたのは少~しだけ褒められてもいいかな?






_DSC3878b2.jpg








大阪がちと寂しかったが、東京大阪併せて1400人位はご覧頂いたと思う。

何より嬉しかったのは「元気をもらった。勇気が出た。」というご感想を数多く頂いた事。

先行きの見えないコロナ禍のなか、これまで築いたもの、大事にしていたものを失うような漠とした不安が世を覆う。

貧しさの極みにあってもカラカラと笑って暮らす民はそうは言わないけれど、大丈夫だよ、心配するなと肩を叩かれる気がする。

無理を押してわざわざご来場いただき、ご覧頂いた方々のハートに少しだけ明かりを灯せたなら、蛮勇の甲斐もあったというものだ。





_8050236take1b2.jpg





終わったなあという感慨も前回の「たまゆら」とはまた少し違っていて。

もう絶対に写真が増える事のない40年前の日本ではなく、ミャンマーは今まさに現在進行の「現場」だからだ。

さあ次はどうしようかと考え始めるのも懲りないところだが。


東京・大阪のオリンパスギャラリーの皆様には実にお世話になった。 何より終始一人前の作家として扱ってもらえたのは嬉しく。

そしてまるで影武者の様に実作業のお骨折りを頂いた方、陰に日向に応援していだいた皆様に感謝は尽きない。

この場をお借りして御礼申し上げます。


自分の写真を大空間でしみじみ眺める機会は滅多に無いぞとはよく言ったもの。 めくるめくような至福の時でした。

ギャラリーのスポットも消えれば、また平常運転に戻ります。






myanmar201807_30992_00001take3 Dfineリテイク1b



myanmar201807_31062_00001ラーショー線take2b3







Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/09/30 22:06 ] 写真展 | TB(0) | CM(6)