写真展 「ミンガラーバ! ミャンマー・レイルサイドストーリー」 IN 大阪 ⑧  スマホの国

myanmar201807_32264マダヤtake1b

  展示作品より






固定電話は100軒に1軒しか無いというミャンマー。 つまり彼の国の民は電話という文明の利器と凡そ縁の無い生活を送っていた事になる。

しかし約10年前に上陸した「携帯電話」は瞬く間に広まり、いまや100%を超える普及率と聞く。

思えば巨大なインフラ投資が必要な固定電話網を今更整備するより、電波を飛ばした方がかえって安上がりと施政者も考えているのだろう。


ここでも時代の時間軸は一気に圧縮されたのだ。

もっともケータイの命綱「電気」が通っていない地域も多いのだが、自家発電機を備えているから大丈夫というインフラ整備の後先も不思議な世界。


都市住民はともかく、写真にあるような農村地域を見ているとさすがに100%超えはマユツバのような気もするが、

若者がその虜になる様はいずこの国も変わらないし、持っていなければコミュニケーションの輪から疎外されるのも現実だろう。

もちろんガラケーは飛び越えてスマホ全盛。

Facebookがお気に入りのようで、仲間意識が強いミャンマー人のこと、付き合うと友達申請が殺到するらしい。


気になる通信料は新規参入による価格競争も進んでおり、1ギガ当たり1000チャット=70円位と言うから安!とは思うが、

所得水準が日本の1/10~1/20という事を考えれば、その負担感はあまり変わらないのかもしれない。

他のものを諦めてでもスマホ、腰巻(ロンジー)のお尻にねじ込んでというのは、この国でも普通の感覚になりつつあるようだ。






_DSC8941take1b.jpg

  展示作品より






コンテンツについては中国みたいに規制だらけという事も無く、普通に何処でもアクセス出来るようだ。

軍事政権下の停滞の許、眠ったように小さなコミュニティから出る事が無かった人々はここで世界と繋がった。

小さなモニターに踊る眩しく煌びやかな「外」は、彼らの瞳にどう映っているのだろう。








myanmar201807_30843_00001マダヤ線take1b











風太郎4年振りの個展です。 大阪展が30日まで。 

_DSC7593take1ハガキ用 154 106  20200707b



写真展 「 ミンガラーバ! ~ ミャンマー・レイルサイドストーリー ~ 」


(東京展)  オリンパスギャラリー東京   2020年8月28日(金) ~ 9月9日(水)  終了

(大阪展)  オリンパスギャラリー大阪   2020年9月18日(金) ~ 9月30日(水)  木曜休館 


写真展の詳しい概要、営業時間などの最新情報は下記ページ参照の事


オリンパスHP 写真展ガイド



東京大阪切手面outb2


Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/09/24 20:33 ] 写真展 | TB(0) | CM(0)