秋聲聴けり 奥信濃 その4  地蔵の深度

iiyama202011_00206_00001平滝take1b

  飯山線 平滝  2020年11月  D850 NikkorAF-S 16-35mmF4G 1/250 f4






平滝駅近くの郵便局脇になかなか存在感のあるお地蔵さんが並んでいるのは今まで気付かなかった。

しかしこれを「絵」として料理するとなるとなかなか難しい。フルサイズでは被写界深度が足りないのだ。

上の写真は光量がまるで足りなかったというのもあるが、中途半端なピントになるよりはと開放で撮った。

しかしf16まで絞ったところで列車までピンは来ない。


次に光量が増えたのに乗じてPENを持ち出し12mmで撮った。 フォーサーズのf16だからきっちりパンフォーカスだ。

最近どうしてもパンが欲しいときはPENが隠し玉になっている。 f16なら理論上はフルサイズのf32だから圧倒的だ。

どっちがいいか悩ましいから両方載せる。

まあ見ているうちに、より主題が明確なフルサイズの方がいいかと思えて来たが、どうだろう。







_B092359平滝take1b

PEN-F M.ZUIKO 12mmF2 1/250 f16









(写真展漫遊録)


118730056_3287836967971455_7737129762704842150_o.jpg





鉄道写真家集団「Railway Graphic D.E.F.」の写真展を見に行く。

代表の大鶴さんを始め、さすらいびとこと大藪さん、空撮の吉永さんの三人は、

風太郎のミャンマー写真展にもご来場いただいたので、ご挨拶がてらもあって。

何しろ元々春の開催だったのがコロナで延期になって、更に再延期、三度目の正直という、

経緯は実に身につまされるが無事に開催出来て良かった。

■出展者 敬称略

大鶴倫宣(代表)、今井英明、内田伸太、大藪琢也、佐藤武志、高木比呂志、船越知弘、吉永陽一




_DSC4021b.jpg




テーマは「力」との事。

鉄道車両の莫大な動力エネルギー、それを操る鉄道員の筋力、そして郷土のローカル線を愛おしみ支える力。

決して取り付きやすいテーマでは無いと思うが、様々な解釈のかたちを見せてもらいました。

風太郎は基本的に一匹狼のスタンスで、あまり群れる事を潔しとしないのだけれど、在廊の皆さんと語ればまた愉し。

新宿御苑の「シリウス」で来週水曜まで。




_DSC4020b.jpg







© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/11/21 19:00 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)