徳沢の峡

bansai202012_00021_00001徳沢take1b

  磐越西線 徳沢  2020年12月







関越自動車道壊滅の年末、磐越道・東北道に大迂回。

こうなったらヤケクソで磐越西線伝いに会津若松まで。

ダイヤなど確かめぬまま走らせていたのだが、ちょうど此処に差し掛かったところで確認したらすぐに来るじゃないの。

しかしよりによって「越乃Shu*Kura」かあ。 


此処はちょうど40年前に初めて磐越西線を撮った場所かもしれない。

当時から比較的有名なお立ち台だったはずだが、紅葉最盛期なのに他には誰も居なかった。

DD51+青色茶色の混合雑客編成。 静寂の山峡に響いて溶けてゆく、ホイッスルと風太郎18歳のココロ。


着いたら先客の「鉄」が4人もいた。 そうか「Shu*Kura」だから集まるのか。

誰が何といおうと此処は50mmの縦位置に限る。

D850にプラナーを付けて例によって手持ちで構えていたら、「Z」を三脚に載せたじいちゃんが「渋いねぇ」と盛んに驚く。

「Z」でMFはピントの山が掴めないとの事、三脚載せて撮るならどうでもいいような気がするが。

ほぼ定刻通過。 安っぽい塗装で無い事だけは許そう。


その後ブルーモーメントのいい時間に只見線若宮辺りで撮れそうだったので当てにしていたら、

只見線が豪雪で遅れるとの事。 最後の締めとはいかなかった。

何とかその日のうちに帰り着きました。


思えばスタッドレスは結局これ一回きりじゃねえか、というひと冬の終わりですな。









© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村



myanmar201807_30967_00001タイヤーゼtake1bb2



マンダレイの線路市場。

此処でもデモ隊と警官隊が衝突、実弾の発砲も。

それでも変わらぬ毎日が今もある事を願う。


ミャンマーの軍事クーデターに抗議します。


スポンサーサイト



[ 2021/02/27 19:48 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(0)