黒蕎麦の味

宗谷本線 音威子府駅2 198801 take2b2

  宗谷本線 音威子府  1988年





音威子府の駅蕎麦「常盤軒」が閉店したそうだ。 長らく店を守っていた店主が亡くなったとの事。

特急停車駅で駅員は昼間居るものの、宗谷本線自体の地盤沈下もあって寂しい駅になっていただけに、良くここまで営業を続けたとも言えよう。

上の写真は旧駅舎時代の音威子府で、画面左側の長い建物がホーム上にあった時代の「常盤軒」だ。 小さく看板が見える。

なぜホーム上かというと、この駅が道北鉄道の要衝であり、天北線との乗換の他に、SL時代は給水・給炭などで長時間停車があったからだ。

当時は乗客も一杯いたはずで店構えの大きさが収容人数を想像させるが、それでも足りず客車の窓辺まで丼を運んだという。

冗長な最果ての旅の途中、食事もままならなかったはず。 駅蕎麦の味は格別でもあったろうが、風太郎はこの頃食べた記憶が無い。

しかしそれから20年以上経ってから嫌と言うほど食べる事になるとは夢にも思わなかった。






douhoku201208V1_089b.jpg

  音威子府蕎麦  2012年





天北線の廃止と共に駅舎が建て替わり、真新しい店は駅舎内に置かれる事になる。

特徴は真っ黒な蕎麦だった事だ。 いわゆる十割蕎麦に近いのだろう、小麦粉の配合が少ない分極めて強い腰と香りがあり、

苦手な人もいたようだが風太郎はこのクセ蕎麦が結構気に入っていた。






douhoku201208_299take1b2.jpg
 
  音威子府村  2012年





何故この蕎麦にどっぷりになったかと言うと、愚息がどういう訳かこの村の村立高校に入っちまったからで、

寮生活の様子見がてら年に1~2回は彼の地に行っていたからだ。

特に初夏に訪ねれば一面の蕎麦の花が村内を埋め尽くし、それは幻想的な程だった。

もともと泥炭層の瘦せた土地で牧草位しか育たず、酪農が盛んだったがそれも衰退した後、肥沃な土壌で無くとも育つ蕎麦が主役になったのだ。





douhoku201208V1_002b.jpg

  写真展 「おといねっぷの森から ~沈黙の冬 音威子府~」  音威子府村  高橋昭五朗 彫刻の館   2012年





かつては鉄道の村、役場の前に飾られた動輪はC55ではなく9600のそれなのが、道産子馬のように朴訥なこの村に相応しかった。

住民登録した高校の生徒が全村民の1割以上を占め、故に平均年齢が異様に若いという不思議な不思議な最北の寒村、

酒でも入ればクソ体力がある奴が一番偉いんじゃあと、やはり開拓の民の末裔と感じさせる荒っぽい気風もあったが、

遠来の客人を人々は暖かく迎え入れてくれた。


学校の教師というよりアート・プロデューサーのようだった高校の校長や村長以下村役場と意気投合、

冬の音威子府をテーマに写真展を東京と音威子府の両方で開けたのは懐かしい思い出だ。

展示後のパネルは村に寄贈したので村役場や道の駅に飾られていると聞いた。

愚息と共に人生のエピソードを刻むことになった音威子府の三年間を忘れる事は無いだろう。 黒蕎麦のざらついた舌触りと共に。






douhoku201208_497b.jpg







© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村



_DSC5800_01take1bb.jpg


ミャンマー人は案外宵っ張りで、涼しくなった夜の時間を楽しむ。

こちらも大量のビールに酔った勢いで駅のカップルのお邪魔を。

今、 戒厳令下のヤンゴンは夜間外出禁止。


ミャンマーの軍事クーデターに抗議します。

スポンサーサイト



[ 2021/02/17 19:36 ] 音威子府 | TB(0) | CM(4)