カメラ職人とOM-1

_DSC4093b.jpg






小学生から撮っていたという剛の者も少なくないこの趣味の世界。

風太郎が初めて自分のカメラを買ったのは、大学入学も果たした18歳の春と極めて奥手だったのだが。

そのカメラはオリンパスOM-1で、当時としてはキヨミズの舞台から飛ぶような買い物だったから値段もよく覚えている。

プラックボディが定価54.000円。 当時のカメラの買い方は店頭での値引きネゴが必須で、25%強位は引かせたとは思う。

最初のレンズは50mmと135mmの単焦点2本のみ。 ささやかな出発だったが、1980年代の写真は全てこれで撮った。


前説が長くなった。 40年間故障知らずだった、そのOM-1が壊れたのである。

この手の機械式カメラは時々空シャッターを切らないと内部が固着すると聞いていたので時々触っていたのだが。

ミラーが上がったまま戻らない。 何度か切ると元に戻るが繰り返しである。

思い出は多いカメラだから、こっちの寿命が尽きるまで完動品であって欲しいから修理に出す事にした。

以前風の噂にオリンパスは部品がある限りこのカメラの修理を受け付けるという話も聞いた気がするが、

このご時世にあまり期待しない方が、また可能だったとしてもお値段が怖いというのもあり、敢えて確認もしなかった。

ネットで見つけたのは、西武線は新井薬師駅最寄りの修理屋さん。






_DSC4078b.jpg





小さな店内に作業机ひとつ、風太郎より若い位の店主がひとりで黙々とやっている店である。

事情を話すと「それはミラーがどうこうよりシャッター幕がちゃんと走っていない可能性がある」。

ならばシャッター精度も狂っているはずとその場で測定機に掛ければ、1/1000が1/500しか出ていないとの事、

やはり内部のグリース類の固着らしい。

修理としては分解による各部点検整備、具体的には①各部清掃・注油②モルト類全て交換③シャッタースピード調整

④銀電池用アダプターの装着・露出計調整 (このカメラの露出計用電池は元々生産中止になった1.3Vの水銀電池仕様。

アダプターを介して現在の1.5V銀電池仕様に変えるのだが、そのままだと電圧の違いから露出が1.5段も狂うのでその調整も行う。)

更にはこれは気が付かなかったがプリズムの一部に腐食があるとの事。

交換しますかと言うから出来るのかと聞いたら、部品取り用に入手したボディから調達するという。いやいや。





_DSC4091b.jpg





ところでお値段は・・・とビビリながら聞いたら、修理代26,000円、プリズム代が6,000円という。 

安い。すげえ安いと思うが。 程度の良い中古が買える値段だが思い出はプライスレス。

OM-1の復活をこのおっちゃんに託す事にした。 但し納期は三ヶ月くれ、 一人きりだからと。


先日引き取り。 聞けば内部は大分錆も出ていたという。 いや往年の愛機が蘇って良かった、いろいろ愛着があるのでと話したら、

使い込みはカメラの底板に出ます、その辺の歴史は充分感じましたとの事。

まだ試し撮りもしていないが、孤高の職人の技に間違いは無かろう。


ブログ紹介大歓迎との事だったので。 機械式カメラなら余程のオールドカメラで無い限り受け付けるようだ。

店主の一日一善ならぬ一日一台修理日記ブログもなかなか味わい深い。 2月20日付の「OM-1Nの巻」はどう見ても風太郎のカメラ。

小型軽量故に繊細に詰め込まれた機構部は「油断ならないカメラ」なんだそうな。


東京フィルムカメラ修理工房

「店主のブログ」




© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村



myanmar201807_30967_00001タイヤーゼtake1bb2



マンダレイの線路市場。

此処でもデモ隊と警官隊が衝突、実弾の発砲も。

それでも変わらぬ毎日が今もある事を願う。


ミャンマーの軍事クーデターに抗議します。


スポンサーサイト



[ 2021/03/03 20:08 ] 写真道具 | TB(0) | CM(0)