奥会津 稲穂の香り  その7      一之戸川橋梁

aizu201509_4207take1b.jpg

   磐越西線  山都      2015年9月  








「山都の鉄橋」も、SL運行で訪問者が増えるにつれいろいろなアングルを見かけるようになった。

でも風太郎は昔ながらの「下から見上げアングル」が好きである。

107年前の架橋当時東洋一と謳われた大鉄橋のスケール感と、

中核を為すトラスブリッジの繊細な鉄の造形美を表現するには、やっぱりこれでなきゃ。

「まっきっきー」でおよそ周辺から浮き上がった塗装は論外で、もろ逆光にすれば黒く潰せるという理由もある。


傾きかけた秋の陽と響きあう鉄の音。

本当はDD51に牽かれた重厚長大な旧型客車列車が似合うし、何か軽薄な感じの新型キハには閉口だが、

想像以上にディティールが豊かになったのは、まっきっきーな塗装やツルンとした新型キハの強い反射のお蔭かと。

チャンチャン。












aizu201509_4234take1b.jpg






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/02 20:18 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(2)

雲のアクセント

風太郎さま

また、絶妙の雲に恵まれましたね!

電関人もこの鉄橋は下から見上げるのが好きです。
[ 2015/10/05 12:52 ] [ 編集 ]

山都の空


狂電関人さま

鉄橋も大きければ、空も大きいのが此処ですね。
夕焼け空、雪雲の空、いろんな空があったよなー、と思い出に耽っていたらお誂え向きの雲が。
久しぶりの再訪に橋も歓迎してくれたと思う事にしましょう。
[ 2015/10/05 22:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1013-ae2ffbba