奥会津 稲穂の香り  その8      当麻橋梁

aizu201509_4106take1b.jpg

   磐越西線  日出谷     2015年9月







日出谷の当麻橋梁も存在感のある橋。

雨の日晴れの日、緑薫る季節も風雪の季節も、凛としてそこに在る。









HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/04 22:42 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(4)

カメラアイ

こんばんは。

画一的な画になりがちの当麻橋梁。
でも風太郎さまは此処でも独自のカメラアイを発揮されておりますね。
こういうお写真を見てしまうと「そろそろ磐西行かないと」と思っちゃいます。
初秋の日出谷、ススキと稲穂の海が印象的です。
[ 2015/10/04 23:46 ] [ 編集 ]

当麻橋梁



いぬばしりさま

昔撮った記憶も薄れ果てて、むしろ新鮮な風景でもありますね。
下流側にあった古い橋脚跡も昔は何なのかと思っていましたが、
山都と同じタイプのトラスで、昭和初期に架けかえられた後、橋自体は秩父鉄道に行って現存しているとか。
そんな歴史も瞬時に分かるのがネット社会の情報量でもあります。
そういえばこの写真、鉄橋右側の「マウンド」は旧線路敷でありましょう。
そんな風に見るとつまらん写真も趣が出て来ます。
もう少し下に振って稲穂のスペースをもっと多く取りゃ良かったなー、というのが反省点です。

[ 2015/10/05 22:36 ] [ 編集 ]

惚れ惚れ構図

こん**は。
ここでこういう構図、撮れるんですね。
右上の微かな稜線が効いているように感じます。
久々にショックを受けた画です。
勇気を出して、定番で汽車撮影してみよっかな・・・。
[ 2015/10/08 19:54 ] [ 編集 ]

構図


AE86さま

有難うございます。

ただ正直なところ構図は迷いに迷ったというのが実情ですね。
鉄橋の扱いが中途半端なように思うのですが、黄金の稲穂も捨て難く。
結果的に何のヒネリも無い構図なようにも思うのですが、
変なヒネリを入れず、見たままを素直に撮る方がかえって強いというような事も有ります。
写真の難しさを痛感しますね。



[ 2015/10/08 20:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1016-df42c53b