山陰プチ撮りの旅  その1      玉江

sanin201510_5809take1b.jpg

   山陰本線  玉江      2015年10月






山陰にやってきました。


正味2日間限りのプチ撮りはこの偉大なローカル線に失礼なような気もするけれど、そこは益田以西に狙いを絞るという事で。


いきなりお立ち台写真をぶちかます。

県道とは名ばかりの道から山の斜面に伸びた踏み跡ははっきりし過ぎだし、まあ20人は収容可能と思われるお立ち台は、

山陰本線随一とも讃えられる景勝地に似つかわしいか。


こういう写真は撮ったというより撮らされたというべきだが、エメラルドグリーンの海に圧倒されれば、撮らされてみるのもいいかも知れぬ。

透明度の高さは無論の事、遠浅の海底にまで続く山陰海岸特有の白い砂が演出する色彩。

言い切ってしまおう。光溢れる季節の山陰本線は、日本一の海景路線である。

端に追いやられながら健気に頑張る40系も刺身のツマというところ。



萩に向かう大河ドラマ号は玉江にキズだが、いにしえの春闘勝利号と同様、こんな時代もあったと後で懐かしいのだろうか。








sanin201510_5842b.jpg



以下蛇足。

この時期山陰に行くとはさてはトワイライトとお思いでしょうが、山陽回りの週でしたあ。残念。

でも走ってたら沿線凄かったろうなあと。





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/27 22:08 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(10)

ああっ

この場所!あの後ろの鼻。
まったく変わっていない。
この海の色が素晴らしいですね。
ありがとうございます。
[ 2015/10/27 22:34 ] [ 編集 ]

ひょっとして


マイオさま

ひょっとして現役D51とかをここで撮っていたとか!?

変わりようがないような気もしますが、岡見とかそう思えた場所も豹変するのですから、
本当に当時と変わらないとしたら凄い事なのかも知れません。

海の色には心底感動しました。国道からも集落からも遠く離れた文字通りの聖域ですね。
[ 2015/10/27 23:10 ] [ 編集 ]

山陰の海

風太郎さま

プチ山陰お疲れさまでした(笑)

飯井、三見、玉江と今でもそらで出てくる駅名。
そして超メジャーお立ち台と化したこの場所。
この海だと頷けますね!それに最近のトワイラと来て・・・。
キハ47ダブルは良い被写体です。
[ 2015/10/28 13:47 ] [ 編集 ]

トワイライト運行日でなくてよかった?と思います
僕も在来線はここらでのんびり撮ることはありますが
イベント日にはそれはそれは修羅場(笑)で 風情などあったもんではありません
似たようなハートをお持ちの貴君なら震えあがって高熱だして寒気のあまり口から泡吹いて昇天ですよ(笑)

ちなみに僕はこの近辺の人知らずの秘密の(笑)場所で撮っています

海はどこまでも青く美しいのです こんなにメジャーになって欲しくなかった(本音)
[ 2015/10/28 17:51 ] [ 編集 ]

エメラルドグリーン


狂電関人さま

広すぎる山陰本線エリアゆえ、ここは空白地帯だったのですが、
いにしえの玉江の写真も是非拝見したいですね。
とにかく好天には恵まれました。
良く見る沖縄の様な海は半分作ったなと疑っていたのですが、本物じゃんと興奮しました。
[ 2015/10/28 21:40 ] [ 編集 ]

一人占め


タブレットさま

踏み固められた斜面、オイいいのかあと勘繰りたいような切株を見れば、タダ事では無い場所と直感できました。
トワイの日で無かったのは神の恵みだったのかも知れません。
トワイに群がる気持ちも分からなくはないですが、気持ち良く晴れた日曜日、決して悪くは無い光線の下、
誰一人いないとは、皆さん人生半分損していませんかと。
でもそのお蔭で気持ち良くこの風景を一人占めできるのですから、口は拭っておきましょう。

秘密の場所があるなら絶対そっちで決まりなのですが、山陰初心者の悲しさゆえのお立ち台です。
[ 2015/10/28 21:49 ] [ 編集 ]

相互リンクのご連絡

お世話になります。
貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており
勝手ながらリンク集に追加させていただきました。
(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) 
konkatsuhack.website/ 
相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。
[ 2015/10/29 16:20 ] [ 編集 ]

申し訳ございません


管理人さま

恐れ入りますが、相互リンクは継続的なコメントのやり取り等、親交の深いサイトのみに限定しておりますので、
現状ではご希望に添えません。ご理解頂きたく存じます。
[ 2015/10/29 21:04 ] [ 編集 ]

実をいえば

ほぼ同じ、というか若干下の立ち位置で撮影しました。
ここは本当に歩けるうちにもう一度行きたい場所です。
[ 2015/10/29 22:46 ] [ 編集 ]

今も昔も


マイオさま

海沿いの県道はクルマのすれ違いすら困難で、車道としてはとうの昔に用済みと言う風情ですが、
その昔は海辺の集落を結ぶ唯一の交通路だったのではないでしょうか。
今同じ場所に立てて、同じ風景が見られるというのは幸せな事ですね。

マイオさんの普段の超人的な登攀からすれば、散歩の様な撮影地だと思いますよ。
車両は変われどこの景色は変わらないでしょう、そのうち是非。
[ 2015/10/29 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1027-6a85dcdc