オンナゴコロと・・・・

sanin201510_5897b.jpg






女子鉄3人組の写真展があるというので見に行く。

もはや珍しくも無い女子鉄だが、写真表現というファクターが加わると、オトコ脳では思いもつかぬ意外性を見せてくれたりするから興味が尽きない。

もともと鉄道写真と言うジャンルは、子供の頃からの乗り物好きが忘れられないオトコ脳の産物で、

公共物である鉄道を自分の手の内に収めたいという、およそDNA的な欲求が撮らせている以上、

何より大事なのは具象性であり、実物のコピーとしての精緻な記録性に他ならない。

しかしその目的が自由な写真表現の幅を極度に狭めてきたのも事実であり、

昨今の「ゆる鉄写真ブーム」は、具象性、記録性という縛りから鉄道写真を解放し、自由な写真表現を模索する一種のアンチテーゼとして生まれたものと思う。

しかしその筋の大御所が「お手本写真」を量産すれば寸分違わぬコピーも多くなり、結局ある種の呪縛の中に再び取り込まれようとしているようにも見える。


「オンナゴコロと鉄の空」の3人は、「鉄道車両なんてゼンゼン興味ないモン!」と軽やかに言い切る面々であるらしい。

ではなぜ鉄道なのかというと、それを極めて抽象化し、ある種のオブジェに見立てた映像表現の素材としているように見えた。

オブジェを演出するものとして「天気」に重きを置いているようで、青空に溶けるようなボディ、降り続く小雪に煙るホーム、

雨粒を一杯に湛えたワイパー、光るレール、ぼんやり灯る信号灯。

鉄道は歴然とした人工物だが、あめつちの森羅万象と共に在り、自然とのせめぎ合いの中に潜むものを鋭敏な美意識の中で捉えている。

従来の「具象性」写真はもとより、ありきたりな「ゆる鉄写真」も飛び越えた、「女子鉄」の破壊力とオリジナリティを感じる事が出来た。

デジタルカメラの浸透がチャレンジングな映像表現を可能にしている事も再認識するし、「車両なんぞ興味ないモン」という人達による新たな表現の胎動も興味深い。

しかし抽象化、オブジェ化による映像美の希求ならば、飛行機もクルマも独特な映像世界を持ち得るし、別にその素材は乗り物に限るものでもない。

「なぜ鉄道でなければならないのか。」という問いに対する答えを、次のステップでは見せてもらいたい気がした。






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/10/26 20:43 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(4)

ジャンル

こんばんは。

確かに男性は「この列車を撮りたい」や「旅情を切り取りたい」と言うのが中心にありますよね。
でも女性目線はまったく違って、風太郎さまの仰る通り「オブジェ」として捉えているような気がします。
なので男性目線からは想像付かないような画を切り取ったりしていて「はっ」とさせられる事が多いです。
まぁ、カッチリ編成写真からゆる鉄まで、ジャンルが広がるのは全然OKなのでこれから先どのような
切り取りのスタイルが生まれるのか楽しみですね。それにしても写真展とは羨ましい限りです。
私も今度見に行こうかなぁ・・・
[ 2015/10/26 21:44 ] [ 編集 ]

オブジェ


いぬばしりさま

もともと「ゆる鉄系写真」は、素直に撮って絵になる対象がどんどん消えつつある今、
それでも何とかしたいという苦しいやり繰りの産物のようにも感じているのですが、
そのやり繰りをもっと尖鋭に突き詰めるとオブジェになるのかも知れません。

昨今の状況下で「鉄道の写真」の未来を示すものであると同時に、ビジュアルの意外性を超えた内容の深みを何処に求めるのかという、
課題の始まりでもあるような気がします。

いずれにしてもマニュアルなぞりでない写真を撮りため、人に見せられるところまで持っていくのは粘り強い情熱の結晶と思いました。
女子鉄侮り難し。世のオトコ共に刺激を与え続けて頂きたいものです。
[ 2015/10/26 22:10 ] [ 編集 ]

こんにちは

大変興味のある写真展 見に行けないのが残念・・・

ゆる鉄 というものが登場して たしかに女性のかわいいもの好きなココロにフィットしたと言うのはありますよね
写真のなかに甘めのポエムが潜んでいる 女子特有なのかなと思います
というか自分を「女子」「鉄」と言ってしまって表現することをもはやブランドのようにかろやかに着こなしているような そんなすごさに尊敬の念も覚えます
私もいちおう「鉄子」の部類に入るのですけれど 
女子というより生活のちいさな疲れがあふれるかあさん仕様の私 写真展に言って少し女子力学んできたいところです ほんとに

[ 2015/10/27 09:18 ] [ 編集 ]

キラキラ


Jamさま

女のコのキラキラ好みのようなものは鉄道を撮らせてもどこかに表れるような気がします。
陽光やヘッドライトを受けた一瞬のキラリや周囲の自然を含めた豊かな色彩に対する感受性のようなもの。
結構鉄道ってそんなキラキラに溢れていますからね。
記録性から解放された時、心の中のキラキラのイメージをビジュアル化するとこうなるのかなあと思いました。

「女子鉄」はいままでオトコが担ってきた鉄道の写真に対し、オンナに撮らせればこんなに面白いよ、
という宣戦布告とまではいかないまでも、挑発や自負が含まれているんだろうなあと思います。
表現の世界はそんな挑発や刺激を相互に与え合う事によって深まっていくものと思いますから、
オンナの奮闘には今後も大いに期待したいですね。

[ 2015/10/27 19:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1028-d69cd913