味集中カウンター

DSCF0328.jpg


これは六本木にある、風太郎の行きつけの博多ラーメン「一蘭」の店内。

左右が壁、正面がのれんの閉鎖空間は「味集中カウンター」といい、

一切の雑念を払って一杯のラーメンの味に集中するためとされている。

ここまで言って不味かったらお笑いだが、これがうまい。

当然豚骨スープなのだが、臭みがない。

真ん中の赤いのが唐辛子をベースにした「秘伝のタレ」(主人が他店のラーメンを一切口にせず、

和洋食の逸品で肥えた舌で作り出した由)で、このうまみが絶妙。一度食べたら病み付きになる。

醤油だの味噌だのというバリエーションがなく、一品メニューのみで勝負しているのも自信の表れか。


最近は結構あちこちに出店しているようだし、別に隣と会話して「集中」していなくても怒られないから

一度お試しあれ。


DSCF0327.jpg




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

スポンサーサイト
[ 2012/01/11 21:50 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(2)

九州人

風太郎さま

九州人のオイラとしては、いっぺん食べたかとですばい。
[ 2012/01/12 20:55 ] [ 編集 ]

博多ラーメン

狂電関人さま

やっぱりラーメンはとんこつばいねー。よかよか。
[ 2012/01/12 22:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/103-985aa58e