鬼が手伝う

kominato20140329_355take2b.jpg






土門拳が遺した有名な言葉に「鬼が手伝った写真」というのがある。

長年助手を務めていた人の懐古譚を最近読んで面白かったのが「鬼が手伝った現場」の話で、

奈良の聖林寺十一面観音立像がその現場。撮影用のフラッシュバルブをモノクロ用の透明なもので用意してしまい、

窮余の策として青いマジックを塗りたくって着色、ダメモトで撮ったところ、その中途半端な着色や塗りムラが不思議な

カラーバランスの崩れを呼んで、かえって神々しいばかりの写真に仕上がったとの事。



「いい写真とは写したのではなくて写ったのである。計算を踏みはずした時だけそういういい写真が出来る。ぼくはそれを鬼が手伝った写真と言っている。」

(  土門拳 「死ぬことと生きること」 より  )







最後の花を散らすような桜雨の夜、小湊鉄道里見駅。

ここでのタブレット交換を撮らせてもらう。傘を小脇に抱え、真っ暗な手許の中でのレンズ交換。

写真では明るく見えるが、此処の夜は本当に暗く、細々とした蛍光灯の明かりが灯るのみ。

AFは暗過ぎて全くあてにならないから、MF撮りが原則である。

しかしこれは文字通り地獄のピント合わせが必要で、暗さに加え、開放近くの絞りからくる極薄の被写界深度との戦い。

駅員氏の肩に前照灯のラインライトが走る一瞬にフォーカス&レリーズするか、停車後外に漏れる室内灯の明かりが頼り。

ここでの写真はいつも「勝負」の実感がある。





kominato201504_303b.jpg







桜の枝も入れたかったので、レンズはいつもより広めの画角で明るいプラナー50mmF1.4。

MFの手応えは確かだが開放がメロメロになるタマだから、一段絞って使うことにする。


いよいよ到着時刻が迫る。

ホームの端に立った駅員氏に撮影の許可をもらい、準備は万端である。

ところが進入してくるキハの前照灯が見える頃、異変に気付く。絞り優先AEのSSが上がらないのだ。

絞り値はf2と表示されるのに1/30ときては被写体ブレはもとより手ブレの危険も大である。

パニックを起こしつつ撮らぬ訳にもいかぬ。咄嗟に絞りを開放にし、感度を一段上げる。

それでもSSは1/90にしか上がらないが、ままよ、である。

タブレット交換はいつも通りに粛々と。そぼ降る桜雨の中、腕時計の発車時刻を確かめる合図灯の明かりが夜目にぼんやり浮かぶ。

ピント合わせはF1.4の割には妙に暗く思える ファインダーのお蔭でいよいよ地獄である。


全てが終わった後、何事かとボディに付いたレンズを見れば、それは「マイクロニッコール55mmF3.5」だった。


理屈はこうだ。

暗がりの中でレンズを間違えたのは単純すぎるミスだが、土壇場まで気付かなかったのはカメラのからくりである。

ニコンのデジイチに古ニッコールを付けて楽しまれているむきはご存知だろうが、非CPU連動のレンズを装着した場合、

実絞り値とファインダー表示の絞り値を一致させるにはあらかじめカメラに登録した使用レンズの情報を呼び出さねばならない。

プラナーと思い込んでいるのだから呼び出した情報は「50mmF1.4」、実際に付いているのは55mmF3.5なのだが、

カメラはすっかり勘違いして一段絞りならf2をファインダー表示する。しかし実際にはf5.6まで絞られているのだ。

AE機構についてはそういった勘違いに惑わされず、あくまでf5.6として動作するから必然的にSSは遅くなる訳。

このミスは以前にもやった事があるので一瞬で氷解したが、こんな切羽詰まった状況でやっちまうとは。

バカバカバカ、と自分の頭を叩かずにはいられない。





結果的にこの時撮った写真は、いい写真かどうかはともかく、この場所で撮ったうちでは結構お気に入りの一枚になった。

ピントが決まっているのは奇跡に近いが、これははからずも使う事になった「f3.5」の深い深度と無関係ではなかろうし、

理屈はよく分からないが「マイクロ」は不思議とピントの山が掴みやすいのだ。

もともとハイコントラストが特徴なので僅かな明かりを夜の闇と分離して強調してくれたし、

絞り開放でありながらシャキッとしたシャープネスは、この古レンズの実力を再認識させる。



自身が「写真の鬼」と呼ばれた土門拳が最後に鬼をあてにするとは面白いが、それはまさに鬼気迫るような被写体との対峙が、

鬼の手伝い=人智を超えた偶然をも引き出すのだろう。

巨匠の境地には遠く及ばぬ不埒な風太郎が乗じてはおこがましい限りではあるが、

はばかりながら小声で言わせてもらえば、「鬼が手伝った」と思える一枚。

ちなみに記録された撮影データは「50mm 1/90 f1.4」なのはご愛嬌。








kominato201504_318take1b2.jpg

    小湊鉄道  里見      2015年4月








HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/01/03 19:11 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

怪我の功名

風太郎さま

以前、良いカットだなぁと思ってみたこの夜のカット。
舞台裏ではそんなことがあったんですね。。。
土門さんのこの話、電関人も面白く読んだ覚えがあります。

まぁ電関人の場合は怪我の功名程度の話なんですがね。
[ 2016/01/04 10:00 ] [ 編集 ]

ミス


狂電関人さま

ゴルフはミスを前提にリカバリーの能力で勝負するスポーツと言いますが、
写真においてミスのリカバリーは極めて難しいだけに悲喜劇のドラマがありますね。
むしろ何をもってミスというのか、実は基準が無い所が面白く奥深いのかも知れません。
[ 2016/01/04 22:03 ] [ 編集 ]

犬、猫が手伝った

年明け早々「鬼が笑った」ではなく「手伝った」話は面白いですね。
完璧主義の土門拳ですらドジがあり、それが逆の効果になってしまう。鬼ならぬ神の気まぐれに救われるのですから、創作とは奥深い世界です。
そう言えばぼくたちですら、シャッター速度を間違えて遅くしてしまったり、露出オーバーにしてしまったり、でも逆にそれが良かった、なんてこともたまにはあることも…
鬼じゃなくて「犬、猫が助けてくれた」のかもしれません。
「これが正解だ」とは言いきれない、写真創作の面白さ、奥深さに心を揺さぶられるのでしょうね。
「定型」なんてないんだ、「人まね」なんてしちゃダメなんだよ、と鬼じゃなくても犬、猫が教えてくれます。
[ 2016/01/04 22:31 ] [ 編集 ]

正解を求める旅


大矢真吉さま

そうですねえ、風太郎ふぜいとしては猫の手を借りた程度の出来事なのかも知れません。
土門の領域には鬼位しか入り込めぬという自負も含まれた言葉のような気もします。
それでも何が完璧か正解かは他人の見方に左右されるものでもあれば、自分の中でさえ変遷していくものでもあります。
明らかにミスショットと無視していた写真に時を経ておやと思う事も。
写真撮影は一瞬で終わり二度と撮り直せぬものですが、今この時の正解を求める旅は永遠という事でしょうか。
[ 2016/01/04 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1031-4e4bfcaa