地鉄電車で駅撮り三昧  その10     有峰口

toyama201511_6502take1b.jpg

   富山地方鉄道 立山線  有峰口     2015年11月







流れる雨雲は立山連峰に衝突して麓に大雨を降らせているようだった。

濡れた土の匂いと、待合室に籠る歳月の匂い。

暮れなずむまでトタンを打つ激しい雨音は止む事が無かった。








toyama201511_6505take1b.jpg


toyama201511_6495take1b.jpg


toyama201511_6503take1b.jpg






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2015/12/24 23:56 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)

こんにちは

素晴らしいです
突然 自分の今までのいろんなことが思い出されて 自分の今の姿も見えるようで 涙が出ました
行ったことない場所なんですけれどもね
参りました・・・・ 雨がいとおしく思えます
[ 2015/12/25 09:16 ] [ 編集 ]

大雨

風太郎さま

雨音が画面を通じてこちらまで聞こえそう。

古びた広告や看板類。効いてますねぇ。
[ 2015/12/25 11:11 ] [ 編集 ]

駅という場所


Jamさま

有難うございます。

Jamさんの想いは知る由もありませんが、駅という場所には遠い過去に連れて行ってくれたり、
今の自分を静かに振り返らせるような不思議な力が宿っているのでしょうか。
私自身都会育ちですので旅を始めるまでは古い駅に対する記憶のマーキングはほとんど無いのですが、
何故か懐かしい気持ちになるのも不思議です。
[ 2015/12/26 10:42 ] [ 編集 ]

有峰口


狂電関人さま

滝の様な雨には面喰いましたが、これは滅多に見られぬと気合が入るのは写真バカの真骨頂というところで。
地鉄の中でも指折りに趣のある駅です。ただ内部の漆喰が剥がれたり、痛みがかなり目立ってきているのが気になります。
ひとつひとつのパーツが絵になるので夢中になっているうちに、進入してくる列車を撮り逃がすという大失態が反省点です。
また来るべしという神のお告げ?
[ 2015/12/26 10:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1054-65d52f5e