波濤の向こう

五能線 大戸瀬1 プリントから ホコリ除去なし アンシャープあり 原版 take1b

   五能線  大戸瀬      1983年






時々来る大波に肝を冷やしながら、それでも波打ち際に踏ん張って通過の時を待つ。

逆巻く冬の波濤は、車窓にも溢れているだろうか。








HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2015/12/28 20:07 ] 昔の旅 五能線 | TB(0) | CM(2)

おろろ・・・

風太郎さま

期せずして、五能線でコラボってしまいましたぁ~。

またまたすごい場所からやっとりますなぁ。
[ 2015/12/28 20:33 ] [ 編集 ]

必ずそいつは


狂電関人さま

成程、期せずしてコラボ。時代は変われどやはり五能線は逆巻く波濤が似合います。
大風が吹いて荒れれば荒れる程喜ぶのは写真バカの由縁ですが、
この当時はどんな天気でもウヤなんて心配は一片もしていなかったような。
多少遅れても必ずそいつは岬の向こうに現れると、信じられたのは幸せだったかと。
[ 2015/12/28 21:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1056-f9c9de90