夢の中を

津軽鉄道 芦野公園夕焼け1 1982年11月 16bitAdobeRGB原版 take1b

    津軽鉄道  芦野公園     1982年 









津軽平野の落日は、時に息を飲むような彩に包まれるのだった。

いつか夢の中で見たような。











HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
  
スポンサーサイト

ほんま包まれたい

ハハハ(((^^;)

素敵な夕焼け!!
夕焼け大好きですが最近あたらない…(^-^;

まわりの何もないのも…エエなあ!!

私も…頑張ります(*^^*)
[ 2016/01/08 01:05 ] [ 編集 ]

残照の築堤

風太郎さま

この時は夢中でシャッター切りまくりでした。

未だにこれに勝る残照に会いませんね。
[ 2016/01/08 12:39 ] [ 編集 ]

何もないがある


くるみさま

車体が完全に夕焼け空に抜けるシチュエーションはそうは無いですよね。
津軽平野のど真ん中を走るこの鉄道は「何もないがある」んです。
とにかく精力的なくるみさんですから、そのうちとんでもない夕焼けマジックに恵まれる事でしょう。
[ 2016/01/08 20:14 ] [ 編集 ]

夢幻


狂電関人さま

津軽平野にぐらぐら沈む夕陽を肩を並べて見送ったのが、ボクらの青春のヒトコマでありましょう。
コダクロームではさすがに止めるのが厳しく、超苦手な流し撮りを試みたようですが、
いささか甘い「止まり」が、かえって夢幻を演出したかなあとケガの功名。
[ 2016/01/08 20:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1059-85228198