北国街道 ふたたび   その5     浜焼き

出雲崎201601_7108take1b

     出雲崎    2016年1月








固く戸を閉ざした家が多い中で、開け放した戸口から香ばしい匂いを漂わせる家がある。

素朴な「浜焼き」の仕込みだ。

パチパチと真っ赤に燃えた炭火は、モノト-ンに沈んだ町の中にひとつだけ明かりを灯すようだ。

朝早い時間には終わる毎日の日課。

串の魚の名前は聞きそびれてしまった。










出雲崎201601_7105take1b






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
[ 2016/02/04 19:48 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

美味そう!

風太郎さま

サバにカレイにノドグロ、それにイカってぇとこすかね?!

寒中美味在り。
[ 2016/02/04 22:04 ] [ 編集 ]

脂が滴る音



狂電関人さま

さかなクンですかあ?!

昔も今も食べ物に興味が薄い風太郎は察しが付きませんでしたが、言われてみれば。
手前がサバ、その左がカレイ、奥がイカ、黒い二匹の魚はノドグロですかあ、高級魚ですよね。
どれも冷たい冬の日本海を泳いでこってりと脂が乗っている事でしょう。
ジュージュー脂が滴る音も聞こえるようです。
[ 2016/02/04 22:54 ] [ 編集 ]

おばさんの手中

風太郎さま

ノドグロは、左の奥の赤い魚!?で、
おばさんが手にしているのは??
おそらくですが・・・
[ 2016/02/05 10:46 ] [ 編集 ]

銘酒の友


狂電関人さま

まあ何にしても越後の銘酒がすぐ無くなっていきそうな肴ではありますな。
[ 2016/02/05 21:38 ] [ 編集 ]

新日本紀行

こんばんは。

これは素晴らしいお写真ですね。

引きと寄りの対比に物語性を感じます。
何というか「新日本紀行」ですね。
あのオープニングテーマ(エンディング?)
が蘇ってくるようです。
[ 2016/02/05 21:52 ] [ 編集 ]

その時代


いぬばしりさま

なるほどその旋律が流れて来ました(笑)

リアルタイムで見られたはずなのにあまり見た記憶が無いのですが(「全員集合」とかの方がよほど覚えている)
再放送とかで見れば日本の片隅の庶民に光を当てた画期的な旅番組でしたね。
その時代と比べればこの国は大きく変わりましたが、どこか時の流れから取り残されたような風景と偶然出会うから旅は止められません。
[ 2016/02/06 00:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1075-10189aa7