蒲原初冬

okanbarashoto1.jpg
   蒲原鉄道  大蒲原   1984年



地球温暖化は既に忍び寄っていたのだろうか。

蒲原鉄道村松・加茂線最後の冬、大晦日が迫っているのに一片の雪も無かった。

いつもの場所に行くと、見慣れた景色は色を落とし、空は嵐気を含んだ異様な雲に覆われていた。

雪が無い、という事実に呆然となった風太郎だが、季節が移ろう瞬間に繊細な表情がある事を教えてくれた1枚。


この数日後、蒲原地方は豪雪に閉ざされ、一夜にして雪国に変わったと聞いた。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

スポンサーサイト
[ 2011/12/23 10:12 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(2)

1984年

風太郎さま

この年は、確かに戸狩スキー合宿でも山からダンプで
運んだ雪で作った廊下のようなゲレンデで滑りました。
結局スキーに夢中になった分、冬の鉄が疎かになりました。
[ 2011/12/24 22:13 ] [ 編集 ]

狂電関人さま

この年は結構冷え込んだ年と記憶していますが、
ギリギリまで降らなかったんですよね。雪が。
年明け後の雪もいまいち少なかったかな。
蒲原最後の冬の写真を見る限り。
[ 2011/12/24 22:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/108-91df19a5