” HIGAHASU ”   Singing in the Sunset  3

hasuda201602_7770take2b.jpg

hasuda201602_7784take1b2.jpg

    東北本線  蓮田     2016年2月





この撮影地も、まだそいつが走ってるうちに最後の挨拶がしたいと思っていたのだが。


今年の弱々しい冬型気圧配置に撃沈話はよく聞くところだし、この日も終日天気悪しの予報だし、

全くノーマークで所用をひとつ終えた午後、空を見上げればおんやあ、と。

今決断すればギリギリ間に合うか、やってみるか運試し。

数える気もしないが、総勢200人以上は居るかという大お祭り会場に通過10分前に到着するという、

舐めきった姿勢に天も見放したか、ぽかりと浮かんだ雲に隠れる落陽。

人間と三脚の壁を前にしたポジション取りは、例によって手持ち・肩越し撮影専科の風太郎には大した障害にならないが、

浮雲だけはどうにもならんし、痛恨の撃沈話に連座する事になるのか。

しかし刻々と沈む夕陽が少しづつ浮雲から外れて来る。鳴り出す踏切。何処からかパンパンと聞こえて来る神頼みの柏手。

結局ギラリ具合は今までで最高だったんじゃないか、という光芒を残して。

皆様祈りが通じました。中井精也さんも紛れ込んでいましたね。


結局何が走るかというより、その土地そのものに感情移入してしまう気がある風太郎としては、

冬の関東平野の乾いた夕映えを堪能出来るこの地に名残はあるものの、さすがになあ。

これがLAST SONG。 かな?







hasuda201602_7812take1b.jpg

hasuda201602_7796b.jpg






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/02/24 21:11 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)

夕映えのカシ

風太郎さま

また随分と大人しい撮り方で・・・(激爆)

カシと共に去りぬなんて言わずに、屋敷森界隈の四季の鉄道も
なかなかオツなものでっせ!!
カシ騒ぎが終結すればまたいつものヒガハスになりますから・・・。
[ 2016/02/25 11:05 ] [ 編集 ]

かな、ですから


狂電関人さま

流し撮りでもやろーかなあとは思っていたのですが、
機関車がフレームインしてから急遽ギラリモードに露出補正をグリグリという状況では、ある意味変わった事はやりづらく。
まあ、かな、ですからお後が既に予定稿になっていたりして (ー-ー;) ニヤリ
[ 2016/02/25 21:06 ] [ 編集 ]

次は・・・

こんばんは。

カシギラ捕らえましたね! 羨ましい限りです。
それにしても200名越えとは凄い!
3年位前は全然居なかったんですけどね。
それにしても予定稿、気になるなぁ~

因みに私はカシギラ撮れませんでした・・・
[ 2016/02/25 22:51 ] [ 編集 ]

生態観察


いぬばしりさま

まあ想像はしていましたが凄い状況ですね。でもその生態を観察するのがもうひとつの楽しみだったりするのですが。
一本の三脚にバケペン4台を据え、さらにデジイチ一台も乗っているのはなかなかのオーラを発していましたねえ。
ポジ・カラーネガ、モノクロ2種類のフィルムが詰まっているようです。いろんな流派があるものですね。

身軽な風太郎としては、列車がフレームインしてから設定をいじる切羽詰まり感がお後さえ宜しければ結構快感だったりするので、
懲りなくなってしまうのです。はい。
[ 2016/02/25 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1084-ec0413d3