北国街道 ふたたび   その14     青海川雪夜

信越本線201601_7484take1b

    信越本線  青海川    2016年1月







海と陸の狭間にあるはずの駅は闇に沈んで、ナトリウム灯も吹雪に霞むのだった。

発車する列車が漆黒に消え、再び静かになったホームに低く重い波濤の響き。



( 北国街道 ふたたび   おわり )








信越本線201601_7452take1b







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/02/22 22:02 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(8)

デジタル時代の夜修業

最終回は、雪夜の駅か、夕暮れの蒼い怒涛か、どっちだろとかと楽しみにしていましたが、灯のほうでしたか。
降り頻る雪夜のナトリウム灯の橙色とヘッドランプの白色のコントラストがなかないい雰囲気です。
フィルム時代に、夜に雪の粒々を捉えられたのは、ストロボの光が届くところまででした。
高感度のデジタル時代になって、色々出来るようになりましたが、その分ハードワークが強いられます。
私も幾度も雪夜に、雪を被ったお地蔵さんのようになっていますが、寒くても冷たくても、やめられないものです。
新たな1000本への第一歩ですか。とは言え名球会入りは大仕事になりそうですね。
[ 2016/02/23 00:56 ] [ 編集 ]

青海川

風太郎さま

雪降りの撮影。
ホント、引きで行くか接近戦に持ち込むか選択が難しいですね!
しかしながら、こんなに粒が見える青海川の雪も例年では見られないのかもしれません。
笠島といい、先輩にオイシイところ先摘みされてしまいました・・・(笑)
[ 2016/02/23 12:50 ] [ 編集 ]

網膜の風景


こあらまさま

今回は土日限りの弾丸ロケで、お気付きかも知れませんがこの写真は雪が少なかった初日の夜です。
融け始めの雪に嫌気がさして出雲崎に偵察に行った帰りに立ち寄った青海川はもう真っ暗でしたが、ご覧の通り雪が降り始め。
どうせ大したものが写らないなら雪の粒でも写そうかと。ジャストブルーモーメントの時間に行った翌日は大雪で何も見えず。

仰る通り銀塩時代、夜目にも霏々と降る雪は網膜には焼きつくのに写真に写らぬもどかしさといったら。
半信半疑でデジタルを手にした後、コイツならあの時撮れなかった写真が撮れると興奮しましたね。
それがあったから「鉄」に復帰したようなものです。これからもあの頃網膜だけに残した風景に写真で出会いたいですね。
[ 2016/02/23 20:35 ] [ 編集 ]

また来いや


狂電関人さま

本当に雪が少ない場所になりましたね。
初日は絶望的でまたやられたと思いましたが、なんとかモトを取ったという所です。
しかし降ったら降ったで今度は降り過ぎで・・・。
うまくいかないものです。いやいや、また来いやと誘われているのでしょう!
[ 2016/02/23 20:39 ] [ 編集 ]

鉄道の魅力とは?

こんばんは。
 私はさほど鉄道ファンではないですが、少年時代はHOゲージなる模型でうれしがって遊んでいました。
 鉄道の魅力とはいったいなんなのかと、その頃から考えているのですが、ようやく、なんとなく理解できる年齢になったようなきがします。 
 
 この、前照灯に照らされた鉄路こそが、生き方に符号するのではないか?
 一見するだけで鉄路を準備する苦労を思い。それに乗って寒暖問わず規律に従い、たとえ乗客無くとも実直に往来を繰り返す。そういう悲壮を伴う使命に憧れを抱くのかなと、思うのです。
 
[ 2016/02/23 22:54 ] [ 編集 ]

記号


haradaさま

なかなか禅問答でありますね(笑)

消失点まで永遠の様に続くレールは来た道なのか、それとも行く道なのか。
列車も鉄道員も繰り返しの日々を淡々と過ごし、旅人は闇にぽつりと灯る駅舎の明かりに救われる。
どこか人生に通じるものがありませんか。
平々凡々に続く繰り返しの中に人生の滋味があって、幸せがその先にあったらいいなあと。
鉄道という奴は、そんな心の襞に寄り添うような記号を何処かに隠し持っているような気がするのです。
[ 2016/02/24 00:01 ] [ 編集 ]

北国街道

こんばんは。

北国街道、堪能させて頂きました。
さすがと言うか、やはりと言うか
三倍返しで、やられた感じです(笑)
やはりこのスタイルは風太郎さまの真骨頂ですね。

青海川駅、漆黒の中に轟く波音が聞こえてきそうです。






[ 2016/02/25 22:29 ] [ 編集 ]

日本海縦貫線


いぬばしりさま

全てがコンテ通りとはいかないまでも、日本海縦貫線らしいさわりは撮れたかと思うので良しとしましょう。
出雲崎が想像以上に素晴らしかったので結局そちらに主役を盗られた感はありますが。
また「〇年に一度の大寒波」の報でもあれば、お尻がムズムズしてきそうです。
[ 2016/02/25 23:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1086-e47b309d