冷気

takamatsuaki13.jpg
   蒲原鉄道  高松  1984年


ひんやりと冷たい空気が、長い雪の季節が近い事を告げる。

ジョイントが遠ざかり、やがて朝もやに消える単行電車。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト
[ 2012/12/13 21:25 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(2)

たしかに

ひんやりとした空気が忍び寄ってくるのを
感じます。画全体に漂う冷気が・・・。
[ 2012/12/14 22:25 ] [ 編集 ]

初雪の頃

マイオさま

村松加茂線最後の冬は、初雪が遅くなりました。
これは大晦日まであと2~3日の頃だと思います。
蒲原の里は、湿度の高い、不思議な大気感の中にありました。

この数日後、一夜にして雪国に変わったと聞きます。
[ 2012/12/15 00:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/109-dc08276e