” HIGAHASU ”   Singing in the Sunset  4

hasuda20160221_7840take3b.jpg

    東北本線  蓮田    2016年2月







突然ですがニュースがニュースなので。やっぱりヒガハスの「お後」はありましたねー。

この日は「安定の」いい夕陽が沈んで。

何度か通う中で、穏やかな里のいつもの黄昏に一瞬割り込んで来る、「非日常」を体験させてもらった気がする。

車両への興味はさておき、クール&メカニカルもまた、多くの人々を魅了する鉄道の美に違いない。










hasuda20160221_7862take1b.jpg

hasuda20160221_7868take1b.jpg





それが去った後、あれ程大勢居た人々も姿を消し、静かに夜を迎える時間。

もうすっかり陽が落ちたと思っていたら、最後の残り火があったようだ。






hasuda20160221_7912take1b.jpg







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/03/21 18:38 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(6)

:風太郎様

蓮田~東大宮間
埼玉まで撮影にお出でになったのですね
以前もこの地で撮影されていましたね
定期的な運行停止 寝台特急「カシオペア」撮影が主なる目的かと思われますが・・・・

一枚目
貨物列車 やはりいいですね
お仕事モード満載です
それを背景にのどかな光景
素晴らしいシーンですね

二枚目 三枚目
永遠に写真に記録 心に記憶として残るでしょう

四枚目
申し訳ありません
列車は何でしょうか・・・
お手数ですが お時間ある時 教えて下さい
[ 2016/03/21 20:03 ] [ 編集 ]

蓮田サンセット


りらさま

蓮田~東大宮はいわゆる「撮り鉄の聖地」ですね。
長い編成を障害物なくスッキリ撮れるところがその由縁でしょうか。
貨物列車は特別思い入れがある訳でもありませんが、
ゆっくり長く続く車輪の響きは既に遠くなった鉄道全盛期をどこか思い出させるところがあります。
200台はあろうかというカメラの砲列の前を悠然と散歩される、多分祖父とお孫さんには感謝感謝です。

カシオペア、美しい列車でしたね。特に夕映えの中は。

最後はやはり貨物列車です。先頭の機関車が突然ギラリと光ったのには、全く予測していなかったのでびっくりです。
[ 2016/03/21 21:56 ] [ 編集 ]

ヒガハス

風太郎さま

お祭り騒ぎが終わり、
また平和なヒガハスが戻ってきます。
ゆっくりと四季が味わえますよ!
[ 2016/03/22 09:07 ] [ 編集 ]

イマジネーション


狂電関人さま

平々凡々に見える田園風景のなかに季節の移ろいが垣間見えるような、素敵な場所ですね。
鹿島鉄道然り、冬晴れの関東平野が好きなんだよなあと再認識しました。
まあしかし風太郎の場合車両に特別な思い入れが無い分、
此処でデンシャを撮る必然というか、レリーズ以前のイマジネーションの膨らみが必要なのです。
[ 2016/03/22 20:43 ] [ 編集 ]

祭りの後

こんばんは。

いい光具合ですね・・・ それにしても風太郎さまは
ヒガハスも叙情豊かにしてしまうんですね。
私なんか(多分他の人も)獲物しか目に入らないですもの。
視野は広くですね。でも、これでここも静かになるんでしょうね。
[ 2016/03/22 22:19 ] [ 編集 ]

その土地のステキを


いぬばしりさま

風太郎がここに集まっている大部分の人と異なるのは、
多分列車以前にその土地の一番ステキと思う瞬間を撮りたいと思ってるところかと。
列車はそのステキを演出する小道具程度なのかも知れません。

それが通過した後、足早に引き揚げる人達を見ると、まだ第二幕があるのになあと思いますね。
結局最後まで畑に佇んでいるのは風太郎だけだったり。
鉄道は時代と共に姿かたちを変えていきますが、鉄道との向かい合い方は数十年変わっていない気がします。
最近はそれを理解してくれる人達も増えている気がして、そこにこの手の写真の未来を見たいと思うのです。

アオシマDD、全く手付かずですよ。老後の楽しみとするには巨大な箱が邪魔過ぎます。どこかで一念発起して・・・。
 
[ 2016/03/22 23:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1101-4dd7008d