道東漂行譚  その17       秘境ラーメンを食す

dohtoh201602_7979b.jpg

   根室本線 古瀬   「ミフネ」          2016年2月





ロケに出た時の風太郎は、夕飯以外はロクなものを食べないのが常なのだが、その夕飯とて北海道の地方都市まで行くと心許なく、

気が付けば既に街は真っ暗という中で、何故かラーメン屋の明かりだけは灯っている事が多い。

それで腹が満足するかはともかく、北海道の人のラーメン好きもなかなかディープなところがある。

以前音威子府村の人が上京した時、「北海道ラーメン」の看板を掲げる店に行ったらしいが、

「死ぬほど不味い。あんな不味いラーメンは初めて食った。」と超酷評する位で、舌が肥えているのも疑いない。


さて北海道のディープなラーメン文化は、およそ外食産業が成立するとも思えぬ「秘境」にも暖簾を出させる。

パシクル湿原の真ん中に立つ「ミフネ」はお立ち台に近い事もあり、「鉄」の間でも噂の秘境ラーメン店である。

まるで西部劇に出て来る砂漠の町のようなそれは、本業の水産加工工場に併設された店。


「正油ラーメン」  630円也。

スープの色から想像する濃い口では無く、意外にスッキリあっさり味である。

ガツンと来るインパクトがある訳でも無いが、懐かしい味という感じ。田舎そばならぬ田舎ラーメンという風情である。





dohtoh201602_8032b.jpg



店内には新聞の紹介記事多数。

ラーメンというより、この季節の風物詩となっているらしい「ヤナギダコの寒干し」。「火星人現る」との事。

店のばあちゃんに火星人は何処に居るのかと聞いたら、すぐ前に一杯居るよとの事なので見れば居ました居ました。

獲れたてを塩茹でした後、この季節の寒風に晒して干すと、独特なうまみが封じ込められるのだという。

あたりに人家など一軒も無いなかで、営々と守られてきた秘境の味。




dohtoh201602_8033b.jpg





dohtoh201602_8597b.jpg
     
   釧網本線 止別  「駅馬車」      2016年2月



次は止別駅の一角に開業している「駅馬車」。

国道から離れている止別駅前は人家の明かりも乏しく、およそ外食業が成立するとも思えない立地なのだが、

3人の女性スタッフが切り盛りし、店内は地元民と思われる人々が3組程。

スタッフ募集の張り紙もあるし、何となく商売として成立している感じなのが意外である。


「塩チャーシューメン」  950円也。

冷え切った屋外に晒していたレンズは暖かい店内に入ると一瞬で曇って使い物にならないので、スマホで撮影。

何の華も無い外観はやはり田舎ラーメンなのかも知れないが、すっきりとしたスープは嫌味が無く、

チャーシューは良く味が沁みて美味。観光客ばかりでなく地元民にも愛されている理由が分かる気がした。

ジャガバターとかサイドメニューも豊富だが、ここだけで終わらせるつもりが無かったため自重したのが今となっては残念。

庇に白熱灯が灯る駅舎を出れば、冷え冷えと更けていく夜である。






IMG00029b2.jpg





落石漁港の中にあるという、秘境定食屋「朝日食堂」もリサーチ済みだったのだが、時間の都合で見送ったのが残念。

秘境の味巡りもまた一興である。





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/04/05 21:14 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)

:風太郎様

一枚目の俯瞰されたらしいお写真
そこにある ラーメン屋さん
広大な大地にあるのですね

三枚目のお写真
タコにはびっくりしました

四枚目のお写真
駅舎の中にあるお店
こんなお店 入ってみたいですね

風太郎様の食べ物写真 珍しいですね
ラーメンお好きなのですね
私は苦手で食べていません
だから 感想言えなくてごめんなさいね

[ 2016/04/05 21:56 ] [ 編集 ]

口直し


りらさま

風太郎はどうも食べ物に対する拘りが薄く、その土地の名物など探して食う暇があったら写真に充てたい方で、
「旅の楽しみは食にあり」という人には嫌われています。
まあ何処にでも目に付くファストフードといえばラーメンで、お口直しの記事を書いてみました。

せめて沿線にカネを落としてささやかな地元貢献をしようと思っているのですが、
よくぞこんな場所でというラーメン屋さんは素直に応援したくなります。
[ 2016/04/05 23:18 ] [ 編集 ]

こんにちは

やんべつのラーメン屋さん ご主人の亡き後を奥様はじめ地元の方が守っていらっしゃる
ここの「ツーラーメン」という塩ラーメンの上にこれでもかと白髪ねぎがのっかっているのと じゃがバターを食べるのが
私の定番です ああ食べたくなってきた・・・・・
ここから近い定番撮影地の止別の丘からみえる浜付近は 亡き愛猫の故郷
止別に来るたびにその子のことを思い出します

私が新しく住む地は以前よりもこの地にかなり近づきましたので 
心にも体にも余裕が生まれ 時間が許される限りは また一人尋ねてみようと思います

[ 2016/04/08 22:06 ] [ 編集 ]

止別の味


Jamさま

北浜や藻琴など、他の木造駅舎喰いどころと比較しても立地的には一番厳しいように思える止別、
一生懸命暖簾を守っている人が居るのですね。風太郎のような流れ者はもとより、地元の人も応援しているのかと。

白滝を離れられ、感傷に浸る余裕も無く新生活の準備に追われているかと思います。
お忙しいと思い、コメントも控えておりました。
海側に寄って来られるのですか?さて何処なのか楽しみです。
ひょっとして息子さんも自宅通勤可能?
[ 2016/04/08 23:04 ] [ 編集 ]

ラーメン比率

こんばんは。

こういう荒野に湯気が立っているだけでそそります。
これでは入らずにはいられませんね。

私も北海道へ行くとラーメンを食べる比率が高いです。
と言うより、私もお店でちゃんと食事するのは夜くらいなので・・・

次回もラーメンシリーズ楽しみにしております(笑)
[ 2016/04/09 22:10 ] [ 編集 ]

秘境ラーメン


いぬばしりさま

北海道では「味噌ラーメン」が主流のようですね。
どちらかというとスッキリ後味が好みの風太郎としては「味噌」は苦手なのですが、
某所でやたら味噌に拘る店主に、強制的に食わされそうになった事があります。
強引かつワイルドな開拓魂もトッピングされた秘境ラーメンを、また各地で堪能したいですね。
[ 2016/04/09 23:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1108-d0840126