写真展   「 旅のたまゆら  1981-1988 」      子供たち

高千穂線車内2 1988年7月日 16bitAdobeRGB原版 take2b

   展示作品より     高千穂線 キハ20車内    1988年







過疎だ高齢化だと騒がれるのはこの当時からだったが、ローカル線の沿線には今では想像も出来ない程子供たちが目立った。

少子化云々よりも生活の基盤がまだそこにあって、三世代同居を中心とする家族の生活の営みが沿線に色濃かったのだろうと思う。

駅はなんとなくそこに集まるムラの子たちの遊び場だったし、マチという外の世界と交わるための出入り口でもあった。


この当時の人々はカメラを警戒するというより好奇心の方が勝っていたように思うのだが、

特に子供たちとなれば写真を撮っていると見るや、Vサインを掲げて向こうからフレーム内に突進してきたもの。

結構傍若無人な悪ガキのくせにお前ら撮るからそこに並べと命令すると、ちょっとはにかんだ笑顔も見せるのだった。


昨今の学校では「カメラを持った大人が来たら逃げろ」と教えているそうだから、この趣味も肩身が狭くなった。

悪人はカメラを持ってるとは限らないぜと皮肉りたくもなるが、ならばとカメラに代わる「警戒記号」を次から次へと増やすのか。


泥棒と思え式に単純化された教育が担保する危険回避も無い訳ではなかろうが、

冷たく乾いた猜疑心が先に立つ世の中が、果たして子供たちの未来に幸せをもたらすのだろうか。


写真はまだJR時代の高千穂線。

険しい山峡を行く沿線にも魅せられたが、そんな山奥にも子供の声が響くのが意外だった。

この子達は今何処でどうしているのだろう。




写真展  「  旅のたまゆら  1981-1988  」    モノクロ 77点 

◯ 開催期間  2016年8月16日(火)~8月29日(月)  (21・22日は休館日)

◯ 開場時間   10時30分~18時30分  (最終日 15時まで)

◯ 場所     新宿ニコンサロン   新宿区西新宿1-6-1  新宿エルタワー28階   (新宿駅西口より徒歩5分)  



明日23日は午前中在廊します。




(写真展漫遊録)


ストロベリーフィールズ1b

名称未設定 2




4年前の音威子府の写真展を共催させていただいた東海大学の石塚先生の写真展が、奇しくも同時期に新宿で開催されている。

ビートルズの「Strawberry Fields Forever」からイマジネーションされた作品。

女性モデルを使ったポートレートをベースにしながら、写真と絵画の融合を謳い複雑なデジタル処理を駆使している。

既に還暦を超えた御歳ながらその瑞々しい感性には驚かされる。自己表現を追い求める限り人は老いないのか。

風太郎もあやかりたいところ。

24日まで。新宿三丁目駅最寄りの「新宿眼科画廊」 (眼医者併設にあらず、「眼にいい画廊」との事)

http://www.gankagarou.com/






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/08/21 21:29 ] 写真展 | TB(0) | CM(6)

風太郎様

記事拝読させて頂きました
私の子供時代にはもう「知らない人に声をかけられたらすぐ逃げること」そう学校や家で教えられています
それを想い出して今一度お写真 拝見させて頂きました
私は知らない人にカメラの前 このような笑顔を向けたことがないこと改めて思いました
感慨深いものがあります
[ 2016/08/22 20:52 ] [ 編集 ]

単純な記号でなく


りらさま

私もそんな事は教えられたような気がします。(笑)
でも「知らない人」はただ道を尋ねたかっただけなのかも知れませんし、
何かの危険を教えようとしてくれていたのかも知れません。
もちろん小さな子供に瞬時の判断を求めるのは酷でしょうし、
ある程度ステレオタイプな教育も仕方ないかも知れません。
でも少なくとも大部分は善意の人である事、単純な記号で人を分類する事の危険や限界も
同時に何らかの形で伝える事があってもいいのではないかと思うのです。
世の中は複雑なものです。大人たちの単なる責任回避に終始していない事を祈りたいです。
[ 2016/08/22 21:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/22 23:16 ] [ 編集 ]

了解しました。

鍵コメさま

了解しました。お待ちしております。
[ 2016/08/22 23:24 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/08/22 23:32 ] [ 編集 ]

構いませんよ

鍵コメさま

全然構いませんよ。ご自由に。
[ 2016/08/22 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1116-97c7cc8e