花宵

kominato201604_9119take1b.jpg

    小湊鉄道  上総大久保    2016年4月








大分前の事だが、夜桜ばかりを撮った写真展を見た。花宵・・・「酔い」にも掛けたタイトルだったかと思う。

闇に浮かぶ夜の桜は、人を妖しく酔わせる。









HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/04/26 23:05 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(4)

風太郎様

駅舎に覆いかぶさるがごとくの春姫
それは そこだけにはとどまらず 駅舎のずっと上の道にも春姫並木があるのですよね
桜は確かに美麗なだけではなく 妖しさえ感じる程です
その本質を風太郎様は描写されています

お願いがあります
今日のお写真 右クリックで頂いて宜しいでしょうか?

[ 2016/04/26 23:25 ] [ 編集 ]

ご自由にどうぞ


りらさま

薄暮の頃に白く浮かび上がる満開の桜花は、時に狂気に例えられるのも納得できる、美の極致という気がします。
何故か光が無くなるとカメラをしまってしまう日曜カメラマンも目立ちますが、勿体ない事です。
来年は花宵にチャレンジされてはいかがですか。
こんな写真で良ければお傍に置いて頂けるのはかえって光栄です。ご自由にどうぞ。
[ 2016/04/26 23:55 ] [ 編集 ]

やりましたね!

こんばんは。

傑作を生み出した、あの撮影地でまたまた・・・
ここでの夜桜俯瞰は発想の勝利かと。
何せ夜のお花見は、サクラを見上げながら行うものですものね(笑)
お見事な花宵、私も酔いしれたいと思います。
[ 2016/04/27 21:55 ] [ 編集 ]

薄暮の大久保俯瞰


いぬばしりさま

この時期の小湊はやや演出過剰気味で、ここ上総大久保でも「ライトアップ」があり、エゲツ無い感じになるのを心配したのですが、
薄暮の時間帯はまだそれが目立たず、イメージした通りの絵になりましたね。
でもこの場所、行けば分かると思いますが、目の前が断崖絶壁。
この時間帯はさすがにヤバイかと思ったのですが、意外に足許が明るいなか撤収出来たのはラッキーでした。
[ 2016/04/27 22:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1120-38753e27