萌黄色

iiyama201305_081take1b3.jpg

   飯山線  横倉      2013年










萌黄色とは良く言ったもの。

どんなに多色入りのパステルでも描くに難しい、萌立ちの季節である。











HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村





明けましておめでとうございます。





dragons_9199b.jpg




そのシーズン最初の東京ドームは「元旦」と定められていて、「明けましておめでとうございます」と挨拶を交わす事になっている。

去年は失礼してしまったので今年は行かなきゃ。

アフロデーだかなんだか、オレンジ色の変な被り物を配るなって。風太郎は当然拒否。

試合は打つわ打つわ、16安打浴びせて快勝だあ。久々に楽な試合を見させてもらいました。

攻守に大暴れのナニータ。

ナニーターナニーター、ラララララララ・・・・・ はいはいはいはい♪ の歌がいまだ頭の中をグルグル回っております。




dragons_9214b.jpg


スポンサーサイト
[ 2016/05/06 22:35 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(8)

風太郎様

萌黄色の中萌黄色の列車
同系色のそれは自然との調和を醸し出しています
彼方に見える 点在する民家
それぞれの暮らしがあるのですよね
列車もそれぞれの方々の想いを乗せて走っています
悩み苦しみ喜び 様々な人間模様
全て分かっているのだと 信じたいと思うことが出来るお写真です
[ 2016/05/06 23:15 ] [ 編集 ]

変わらぬ風景


りらさま

地方であってもある程度都市化が進んでいる地域では、
40~50年の間に想像も出来ない程風景が変わっているのに驚きます。
いつまでも変わらない風景というのは、この国では極めて稀有な存在のようです。

ここからの眺めは30年近く前にも撮りましたが、細部の違いこそあれ、あまり変わっていない様に見えます。
変化するものを追うのも刺激的ですが、変わらぬ風景、必ずまた巡って来る季節も心癒してくれる気がします。
[ 2016/05/06 23:59 ] [ 編集 ]

今春は・・・と意気込んでみたものの

風太郎さま

こちら方面の早春狙い、一度はやったるでーと意気込んでみたものの
雪が少なくあっさりと消えてしまい、描いた絵コンテはまるでボツ!
[ 2016/05/07 14:41 ] [ 編集 ]

次のチャンスを


狂電関人さま

残雪と新緑の取り合わせが狙えるところが飯山線の魅力ですが、意外にタイトなタイミングですよお。
余程の豪雪の年とかはいいと思いますが、今年は厳しかったでしょうね。
でもまた季節は巡って来ますから、次のチャンスを捉まえましょう。不粋なステンレスはまだ先じゃないかと思いますし。
[ 2016/05/07 17:04 ] [ 編集 ]

山笑う

こんばんは。

確かに山笑うこの時期は、グラデーションも効いていて萌えもえですね。
キハ110も飯山線にすっかり馴染み、日本の原風景に溶け込んでいる感じです。

ドラゴンズ、以外にも強いですね。 あっ、失礼しました・・・
[ 2016/05/07 22:35 ] [ 編集 ]

新緑映して


いぬばしりさま

こういう新緑のグラデーションの時期は桜並みに短いので、当たれば嬉しいですね。
これはちょっと遅すぎたかという気もしますが。
キハ110はシックなカラーリングが周囲から浮き上がらず、
JRには珍しくセンスのある塗装だわいと思っております。
白い車体に新緑が映されるのもなかなか。

落合構想では最初の2年が臥薪嘗胆、今年新しいチームの形が見え、来年が勝負の年との事でした。
なにやら外人頼みが目立ちますが、少しづつ「形」も見えてきたかと。
信者としては落合の千里眼を信じて疑いません!
[ 2016/05/07 23:36 ] [ 編集 ]

やりましたね

全然関係なく、東京ドーム3タテ。なんとなんと首位浮上。
大野、小熊、周平、ネイラー(は、まだわからんが)と主力級に
ケガ人続出のドラゴンズなのに、打線が打つわ打つわ。
とはいっても、広島に3タテ食ったりしているので、なんとも言えませぬが。
[ 2016/05/08 17:36 ] [ 編集 ]

いつかは坂本超え


マイオさま

好天この上ないGW最終節、何処へも撮りに行かずテレビに張り付いた甲斐があったというものです。
東京ドームの週末とくれば、あー1日損したとブルーな夜を迎えるのが常でありましたから、何とも幸せな今宵であります。
しかし直倫、6打点とは。出来の悪い息子程可愛いと思いつつも、そろそろ首が怪しいと思っていた矢先だけに、
今年の活躍振りは言う事なしです。中日ファンの悲願、「いつかは坂本超え」を今年こそ。
[ 2016/05/08 19:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1125-969f9539