夏の終わりに

douhoku20128D700_009take1b.jpg

   宗谷本線 恩根内   2012年







最北に伸びる鉄路の、短い夏が終わろうとしている。





断ち切られた北の鉄路。

被爆電車然り、豪雪に孤立した山村然り。

まず立ち上がり道を拓くのは鉄道だったはず。

一日も早くレールが繋がらんことを。






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/09/02 20:40 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

台風の爪痕

風太郎さま

根室本線も復旧に一月以上かかるとか・・・。

北海道は台風の連続上陸で人々の生活も疲弊しきっているようで、
一日も早い復旧を祈ります。
夏を印象付ける良い一枚ですね。
電関人も、鉄路のみの写真が好きです。
[ 2016/09/02 21:02 ] [ 編集 ]

風太郎様

天空の雲のオブジェ
それは芸術的な程です
それに反比例するかの如くの線路の痕跡
感傷だけでは先に進まないこと・・・・私にはその思いだけしか この一枚に出来ることがありません
それが虚しいですね
[ 2016/09/02 21:32 ] [ 編集 ]

空の向こうまで


狂電関人さま

日本の津々浦々が二本のレールで繋がっている、
かつて当たり前の事がそうでなくなりつつある今、
レールの風景は一層愛おしいものになりました。
線路は空の向こうまで続いているのです。
[ 2016/09/02 21:57 ] [ 編集 ]

世の移ろいと共に


りらさま

線路はまだ生きていますよ。彼方から一両きりですがやがて列車はやって来るはずです。
かつては牧場でも営まれていたようですが、今は原野に還りつつある土地。
細道ではありますが100年の間、人の世の移ろいを見続けてきた線路には、
まだ聞かなければいけない事があるはずですが。
[ 2016/09/02 22:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1154-947ae963